スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

藤岡夫妻披露宴

飯田橋・ラリアンスで開かれた藤岡夫妻の披露宴に行ってきました。7月にガイオーレで結婚式を挙げ、本日は日本でのお披露目であります。二人ともひじょうに可愛いです!彼ららしい心の籠った宴でした。これからも二人で力を合わせて幸せを掴んで欲しいと思います。
31 Otto 2010-2
31 Otto 2001-1
披露宴はお昼から始まり3時には終わってましたから、それからのんびりと家で過ごせました。

明日からまた暫く慌ただしい日々が続きます。まずはイタリアからキャンティクラシコ協会の関係者が来日で同行営業。2日はマンダリンホテルにてかなり大掛りな試飲会。それが終わり3日から6日まで関西出張となっています。今月も営業で忙しい!!
スポンサーサイト

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

恵比寿ガーデンプレイス ワインマート

台風の影響で風雨の強い中、私の予想以上の来客者があり有料試飲をされた方も30組!に上りました。そして、ワインの購入も全部で19本とかなりの打率、良かったです。

試飲ワインは4種類。4杯を500円で飲めます。泡・泡・白・赤の順番で、1.プロセッコNV(マンザーネ)2.マルツァーニブリュットNV(デイッダ)、3.チェルビオーロビアンコ’05(カルチナイア)、4.ロエロロッソ・プリンティ’06、でした。

当初の予想を裏切り、今回の売上No.1に輝いたのは”マルツァーニブリュット”でした!やはり発泡酒の需要が強いようです。60歳を過ぎたオバちゃんが美味しい、美味しい、と言って、まとめ買いをしたのは正直ビックリでした。シャンパーニュにかなり近い味わいがあってブドウも個性的、ほとんどの人が美味しい泡だね、と言ってましたが、実際、今はかなり良い状態です。少し熟成をしたシャンパーニュの雰囲気を気軽に味わえると思います。

ほぼ定刻の18時に終わり、天候の予断を許さない状況でしたのでそのまま帰宅でした。まぁ、雨による被害もそれほど大きくはなかったようで一安心です。明日は天候も回復しそうです。7月にイタリアで結婚式を挙げたロッソ君の結婚披露宴で昼前からドンチャンであります(笑)。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

台風14号・・・

これから恵比寿のワインマートへ向かいますが、どうやら台風が直撃・・・。
来客があるのか心配です。せめてご近所の方でも来られれば良いのですが。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

横浜イタリアワイン合同試飲会

昨28日の午後2時から5時まで、雨の中でしたが横浜駅東口、シュウマイで有名な崎陽軒ビルにてイタリアワイン専門のインポーター8社合同の試飲会が開催されました。その8社ですが、アビコ、アルトリヴェッロ、ウインターローズ、エトリヴァン、オーバーシーズ、パシフィック洋行、ワインウエイブ、ワイン天国、です。

yokohama 001
会場風景

私は毎度アルトリヴェッロ社のサポートで会場におりましたが、予想した以上の来場者があり75名を越えたそうです。来場者の中には坂田氏、平野氏、の重鎮がおられました。今回、アルトリヴェッロ社からマルケ州・ディステーザのワインが出品されていましたが、素晴らしいパフォーマンスでした。一般的に言われるヴェルディッキオとは一線を画した個性が際立っており改めて心に残りました。特にヌル、99、ぜひ、お試しください。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

お知らせ

10月30日(土)13:00-18:00の間、恵比寿ガーデンプレイス内・ワインマートパーティ店内にて下記ワインの有料試飲会が開催され、私はアルトリヴェッロ社の伊東社長とともにサービスを行います。

●LE MANZANE PROSECCO DOCG
●DEIDDA MARZANIMETODO CLASSICO
●S.F CALCINAIA CERVIOLO BIANCO
●MONCHIERO ROERO RISERVA PRINTI 2006

お時間のある方、ぜひご来場ください。


Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

オーレジャパン訪問

昨日はクライアントの1社であるオーレジャパンさんを訪問しました。市場の状況や今後のイタリアワインの動向など打ち合わせを。同社にはボルゲリからチェラルティというワイナリーを扱ってもらっております。すでに4年目の扱いで、徐々にではありますが市場へ浸透をしているそうで嬉しい限りです。ボルゲリエリアでも小さなワイナリーですが、クオリティの高いワインを生産しています。同エリアのワインとしては、価格も妥当でCPはなかなか高いと思います。ぜひ一度、飲んでみてください。
DSC05664 s
オーレジャパンのスタッフの皆様と!

夜は長兄・てりぃ~氏と久々の会食。6時過ぎに恵比寿で待ち合わせ、インプリチトでアペリティーボをしながら旧友・DIMさんカップル、盟友・林氏と5名で新馬場・牧野へ移動。至高の居酒屋を楽しみました。
25 Otto 2010 001
25 Otto 2010 002
25 Otto 2010 003

11時前に散会して、長兄と私は神宮前のthe atticへ移動、ソムリエ・武智氏と再会。8月末に開店した渋いイタリアワインバーです。店に入るとすでにカウンターには知った顔が数名飲んでました(笑)。軽く白を1杯飲んで午前様で帰宅。朝から充実した一日でした!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

国立・せきや 創業100年祭 秋の大試飲会

昨24日は国立にある酒販店・せきやさんの創業100年を記念する秋の試飲会へ行ってきました。もちろん、営業のサポートです。三多摩エリアのレストラン、消費者はかなり楽しみにしているイベントで、毎回100名を越える来場者があります。いち酒販店のイベントとしては素晴らしい企画で、ワインをはじめ日本酒・焼酎の作り手さんも多数参加されます。
24 Otto 2010 009
会場風景

今回は気に入った銘柄のお酒があれば、その場で10%オフで購入が出来ました。私も気合を入れて接客をしましたが、特に人気があったアイテムは次のものでした。
・プロセッコDOCG レ・マンザーネ
・チーマビアンカ’09 フォッソコルノ
・モンテプルチャーノダブルッツォ アイレス’08 フォッソコルノ
・ランゲネッビオーロ’07 モンキエロカルボーネ
・キャンティクラシコ’07 サンファビアーノカルチナイア
・ドリアーニDOCG ブリッコボッティ’06 ペッケニーニョ
24 Otto 2010 001

一般消費者に直接ワインを薦めることの出来る機会はそう多くありませんので貴重な場だったと思います。次回の開催は来年の3月末あたりでしょうか、今から楽しみであります!


Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

第60回 山本会  神田・ワイヴィラージュ

私が参加をしている山本会も60回の節目を迎えました。それにしてもよく続くものです(笑)。今回のテーマは「世界のカベルネソービニョン・メルロ」でした。ブレンド可の条件でしたが、カベルネ主体が多くメルロ主体は2本だけ。隙間(レアもの)狙いが多い会(苦笑)ですが、今回のワインは基本的に王道な味わいが多かったように思います(ただし、ボルドーは1本でしたが)。

ワイン名は基本品種なのでカットしますが、国別にしますとアメリカ3本、フランス1本、イタリア4本、南ア1本、アルゼンチン1本、ニュージー1本、レバノン1本、とバラエティに富んでいます(イタリア多かったですが)。今回は持ち込まれたワインの価格帯も比較的に高く、”これはCPが高い”と思わせるワインは1本(ワシントンのカベルネ-2800円)だけでした。

私はアルトアディジェのカンティーナ・ディ・ボルザーノ・ムメルテルというカベルネを持参しましたが、限定品ですので入手が難しく価格は4000円弱です。もちろん、個人的に好きなワインですから良かったのですが、このワインを含めて気に入ったものは3本ほどでした(他の2本はアメリカ・ワシントンとアルトアディジェのカベルネ=エステノイエ社のプンタイ・カベルネリセルバ99年)。

全体的に甘味が強くて、「カベルネってこんなに甘かったっけ?」と疑問符が付きます。まぁ、真の王道であるボルドー系のワインが無かったことも原因か、これだけ飲んでも決して疲れませんでした。と言うよりも最後まで思考回路が壊れませんでした(笑)。普段、滅多に口にしなくなった品種ですので、とても勉強になりました。

それから会場のワイヴィラージュさん、いつの間にか店外に飾ってある国旗がフランスになっていました…。残念です(苦笑)。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

札幌営業  リストランテ

今回の札幌出張で食事(営業)をしたレストランは3軒です。素材がひじょうに豊かですから、どのレストランも食感の外れがありません。基本、フルコースでも2500円前後です。私の印象ではかなり安いのですが、地元の方に聞きますと、それでも高いそうです(苦笑)。東京から来ますと内容も量もかなり満足出来ると思います。

・ヴィア ブレラ(Via Brera)
初日のランチに伺いました。私は2回目の食事(前回は夜に軽く)ですが、ランチの量としてはボリューム満点です。画像の前菜・豚タンとサラダ仕立て、プリモ・アマトリチャーナ、メインは豚のグルリ(画像なし)。ドルチェは時間が無くてパスでした。ただ、この時にオンリストしていたグラスワインがニューワールド、これはいけません。価格的(700円、900円)にも美味しいイタリアの白が出せると思いますので、その点だけ改めてほしいです。
Sapporo Otto 2010 001
Sapporo Otto 2010 002

・イル モメント(Il Momento)
2日目のランチです。札幌ファクトリーにあるホテルクラビー札幌内のリストランテです。ホテルのダイニングだけにひじょうにキレイな店内、サービスも素晴らしく、ワインのセレクトも良かったです。料理の内容も上質で、手打ちのタリオリーニ(上海蟹のトマトソース仕立て)は茹で方もほぼ完璧でした。メインは希少な鮭(銀聖)のグリル(絶妙な火加減)でした。ススキノエリアからは少し外れていますが、ディナーでも良さそうです。
Sapporo Otto 2010 005
Sapporo Otto 2010 006

・チェルボ(Cervo)
恵庭という観光エリアからは外れた町にありますが、札幌では初めての”Vera Napoli Pizza"認定店です。この店は昼も夜もかなり流行っていると聞きます。札幌から空港への帰路、必ず寄って帰りますがいつも行列です。ピッツァはもちろんですが、料理もかなり美味しいです。今回の前菜盛りに入っていた”クスクス”、本当に美味しかった!そして、ワインのセレクトも気合が入っていて、こんな外れた場所で…と思うようなセレクトをしています。私、この店大好きです(笑)。
Sapporo Otto 2010 013
Sapporo Otto 2010 014

以上、北海道へ行かれる際の参考にしてください。特にチェルボ、良い店です。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:2 

札幌3日目・帰宅

昨晩は思ったように午前3時半過ぎにホテルに戻りました。ワイン会‐2次会(ザンギの検証)‐3次会、と続き、本当に札幌の夜は長いです(笑)。

まず午後7時からスタートのワイン会、会場は札幌でも老舗のイタリアン・カンティーナスズキさんでした。ワインは盟友・三崎氏が今日のためにセレクトをした素晴らしいワイン、そして、アルトリヴェッロ社からペッケニーニョのドルチェットが2種類提供されました。ワインのラインナップは次の通りです。
Sapporo Otto 2010 010
1.モスカートダスティ ソリルキン 2008
2.ランゲファヴォリータ 2009
3.ランゲビアンコ タマルディ 2006
4.ロエロアルネイス チェク 2007
5.ドリアーニ シリディエルム 2007
6.ドリアーニ ブリッコボッティ 2006
7.バルベーラダルバ モンビローネ 2001
8.ロエロロッソ スルゥ 2001
9.ロエロロッソ プリンティ 2001
10.モスカートパッシート ソリルキン 2001

このように、モンキエロのワインは白も赤も基本熟成をしています。よって、普通では味わえないような奥深さがありました。特に最後の01の4本ですが、素晴らしいパフォーマンスでした。まだまだピークには程遠い印象ですから、多少の金額を払っても見つける価値はあります。それは私が保証しますよ!また、ペッケニーニョのドルチェット。本当に美味しいです!間違えなくドルチェットの概念が変わるでしょう。私の中ではヴィエディロマンスと同じです。

料理はワインがピエモンテですから、そちらのイメージに合わせて作っていただいたようです。特にゴルゴンゾーラベースのスパゲッティ、メインのボッリートは絶品でした。
Sapporo Otto 2010 008

その後、北海道名物・ザンギを食べるために移動。が、私には北海道ザンギと関東唐揚げの違いがよく分かりませんでした(笑)。よって来春、再度、ザンギの検証をしたく思います。ここでもかなりの量、食べてしまったでしょうか。さすがに魚介類、美味しいです。さらに3次会、ここでもなんだかんだ言いながら飲んでしまいました。
Sapporo Otto 2010 011
Sapporo Otto 2010 012
参加された皆様、遅くまでお疲れ様でした。翌日の仕事、ちゃんと行けたのでしょうか…(笑)。

と言うことで、私たちは今日もしっかりと営業をこなし、17時のフライトで無事に東京に戻りました。この3日間、イタリアワインの普及活動、少しは出来たのではと思っています。これから11月、大阪、富山、広島、(博多)、と訪問予定であります。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:3 

札幌2日目

昨晩はサリュにて来店されたお客様との説明やお話などを11時過ぎまで行い、遅い時間から夕食でした。久々に鮨を食べましたが、さすがに鮨ネタが素晴らしかったです。シシャモの握り、美味しかったです。ホテルに戻ったのは午前2時過ぎでした。。。

今日は朝10時から夕刻6時過ぎまで、市内の営業を伊東社長としてきました。天気もまずまずでかなり歩きました!が、日頃の運動不足のせいか、足が痛いです(苦笑)。夜はこれから盟友・三崎氏をはじめ、札幌のイタリアワイン愛好者とのワイン会です。たぶん(絶対…笑)、夜は長いと思います。。。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

札幌初日

今、札幌のホテルです。試飲会は大勢の来場者があり、盛況のうちに終えることが出来ました!今回、初出展のカラブリア州の新しいワイナリー・フェッロチント、ピエモンテの銘醸ワイナリー・ペッケニーニョが特に好評を博していました。札幌は足掛け5年の営業になりますが、かなり知った顔も増えてきてワインの説明のし甲斐が有ると言うものです。お休みのところ、助っ人に来られた林津店長、有難うございました。今日はこれから試飲会場を提供してくれたサリュへ行って、更なるイタリアワインの普及活動です。

札幌の夜は長い・・・(苦笑)!!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

明日から札幌

本日、妻はイタリアへ出発しました。朝も早かった上に、空港に到着してからエアフランスのカウンターで荷物の重量で問題があると言われ、全く知らなかったのですが超過料金を払う破目になりました。機嫌が悪い妻は、当然、激昂!です。もう2度とエアフランスには乗らないと啖呵を切ってました。それにしても今回の重量の件は私も初耳、今年に入ってからも一度もこの程度で超過料金を払ったことがなく、今回のエアフラの対応は頭にきて当然でした。なんでメジャーキャリアは、こんなに偉そうにするのでしょうか。。。

さて、明日からは久々の札幌遠征であります。2泊3日の短い旅程ですが、しっかりとイタリアワインの普及に努めたく思います。現地では私の盟友達が手薬煉を引いて待っていることでしょう(笑)。朝9時のフライトですが、普通に行ったら電車が混みますので早めに出掛けようかと思っています(明日の朝も早起き…)。

あと、今日から自宅のデスクトップを新しくしました。が、当然、セッティングにメチャクチャに手惑ってかなり疲れてしまいました。明後日、帰ってから続きをするつもりです。

Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:1 

Di Vino 再訪 -麹町-

昨晩は懇意にさせて頂いている諸先輩夫妻をお連れしてディヴィノへ行ってきました。私たちは前回の訪問から時間が経っていないので、お任せの料理はほぼ同じ内容でしたが、味付けは何時ものように上出来であります。また、アルバイトスタッフで、元インプリチトでバリスタをしていたAさん(変わらずに可愛いです!)がいました。週一回金曜に入っているとの事、ファンの方はぜひ足を運んでください(笑)。

15 Otto 2010-1
手打ちガルガネッリ・ウサギのラグー
15 Otto 2010-2
ストラコット

6名で行きましたのでワインは5本完全に空きました。リストはほぼ完璧ですから選ぶのに苦労します。その中から選んだ今宵のワインは次の通りです。ヴェネト・アルトアディジェ・ピエモンテ・シチリア・ロンバルディア、と言う流れですね。
15 Otto 2010-3
1.プロセッコ(マンザーネ)
2.ソービニョン ステルン08(エステノイエ)
3.ロエロアルネイス チェク09(モンキエロカルボーネ)
4.ネロイブレオ06(グルフィ)
5.ヴァルテッリーナSP カルテリア06(サンドロファイ)

まぁ、どのワインも良く知っている物ですから、料理との相性も良かったと思います。ステルンはパッションフルーツが爆発!でした。チェクは溌剌とした果実味が素晴しかった。ネロイブレオは久々に飲みましたが、長シェフの作った秋刀魚のパスタ(シチリア風)に抜群でしたし、スタラコットとヴァルテッリーナもバッチリです。

話しも弾み店を出たのも11時半過ぎ、とても楽しい晩餐でした。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

イタリアワインガイド2011

そろそろ、イタリアで出版されるワインの評価本もほぼ出揃いました。それにしても沢山のガイドがあるものです。

・ガンベロロッソ
・ヴェロネッリ
・エスプレッソ
・ルカマローニ
・イタリアソムリエ協会(ドゥエミラヴィニ)
・スローフード(2011年から出版)

この他にも低価格帯のワイン(たしか12ユーロ以下)だけを紹介するガイド、甘口ワインだけのガイド、発泡酒のガイド、などなど。全部買っていたら大変です。

私がイタリアから紹介しているワイナリーも、それぞれのワインで各ガイドから最高の評価を受けています。毎年、気になる事はなりますし、評価が高ければ嬉しいに決まっています。が、どんなガイドも6-7割は出来レースです(笑)。まぁ、敢えて指摘する必要も無いのかもしれませんが。。。

ガイドはあくまでも指針ですから、その中から如何にして良いワイン・真っ当なワイン、を見つけるかだと私は思います。漏れ聞いた話によると、エスプレッソのガイドは今年から日本語版も出版されるようで。でも、私には何も依頼がありませんでした・・・(苦笑)。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:2 

軽井沢弾丸ツアー トラットリア・リポーゾ

久々のブログアップ、反省です(笑)。少しモーチベーションが下がっていました。

さて、7日にお会いした中島師から突然の提案で、軽井沢のトラットリア・リポーゾへの訪問が決まり、連休のど真ん中を縫って行って来ました。突然の決定にも関わらず、中島師のお弟子さんの酒井夫妻が車で同行してくれました、どうも有難うございました。

当日、中島師一行は浜名湖で行われていた早大棒術会の合宿を終えてからの軽井沢入りです(ふつうではありません…笑)!全くタフな連中です。私たちは都内から、中島師一行は静岡から、信州のホームベースである小諸に集合をして軽井沢のお店へと向かいました。
P1020199(1).jpg
ひじょうに可愛らしいワインリストです

午後8時過ぎから始った晩餐には、ワイン仲間でもある軽井沢在住の作家・馳星周夫妻も同席され、久々の再会に話しがメチャ弾み楽しかったです。料理は新井シェフのお任せで、何時ものように塩梅の効いた小気味良い料理を提供してくれました。今回は前菜の数が多くてワインにピッタリ。
P1020190.jpg
P1020192.jpg

ワインの方は総勢12名ですから、抜栓したワインも相当量です!
1.プロセッコ・フリザンテNV (ヴェネト・マンザーネ):美味
2.チーマビアンカNV (アブルッツォ・フォッソコルノ):料理との相性良し
3.A.A.シャルドネ サルト08 (アルトアディジェ・エステノイエ):美味
4.A.A.ピノビアンコ デッラーゴ09 (アルトアディジェ・ボルザーノ):最高!
5.A.A.シャルドネ クレインシュテイン09 (アルトアディジェ・ボルザーノ):熟成型
6.チャントンス05 (フリウリ・ヴィエディロマンス):熟成中、香最高!
7.ロッソイブレオ09 (シチリア・グルフィ):ピノネロに近い
8.ロッソイブレオ08 (シチリア・グルフィ):濃い
9.メルロ06 (フリウリ・テルチッチ):バランス良し
10.ボルゴフォルテ07 (トスカーナ・ヴィッラピッロ):CP抜群
11.ドルチェットディドリアーニ サンルイジ (ピエモンテ・ペッケニーニョ):美味
12.カステラッチョロッソ97MG (トスカーナ・ウッチェリエラ):ポテンシャル
P1020197.jpg
ひじょうにバラエティに富んだワインでした。アルトアディジェの3種の白は素晴しいパフォーマンスで料理との相性も抜群。チャントンスは熟成香も入っていてワインとして秀逸。ロッソイブレオの比較試飲は面白かったです。両ヴィンテージの個性がありました。メルロは柔らな果実味で素晴しく、ドルチェットは絶妙なバランス。最後のマグナムは最高でした。この時期のスーパータスカン、侮れません。もちろん、まだピークには程遠いのですが、香を含めて素晴しい味わいでした。

これだけのワインを飲んでいますので、終宴は午前様。。。翌日の仕込を控えた新井夫妻にはご迷惑をお掛けしました。が、私たちは代行を呼んで小諸へ戻り、その後、2軒の梯子酒・・・(苦笑)。

翌日、ランチを食べに再び軽井沢リポーゾへ、開店から満席でした。渋滞を避けるために1時前に軽井沢を出て、帰宅したのは午後4時過ぎ。まさに弾丸ツアーでした。ランチで食べたタコのラグースパゲッティ。
P1020201.jpg

この時期の軽井沢、好天に恵まれたこともあり素晴しい景観と気候です。本格的な冬を前に、一時の安らぎを覚えました。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

石焼亭池袋店 -池袋西口-

昨日は午後一で江上院にて整体。帰国後、すぐの出張が長かったせいか、背中の張りが強くてかなり痛い。じっくりとマッサージをしていただく。

一度帰宅をしてから池袋へ向かい、久々に中島師と棒術会OBの面々と会食です。イベリコ豚の焼肉で名前が売れている「石焼亭池袋店」に集合しました。
P1020184.jpg
P1020185.jpg
イベリコ豚のカルパッチョとサンジェルバジオロッソ

アルトリヴェッロ・伊東社長もお呼びしてワインの営業です。来月からワインリストの改定をするそうで、ナイスタイミングでした。フェアも絡めて同社のワインを少しずつ扱って行こうか、とのことです。料理はまずまずでしたが、ワインの揃えは今ふたつくらい(苦笑)、今回の営業が実を結べばと願います。

食事が終わった後、師の提案でなぜか焼肉のハシゴです(笑)。池袋から神楽坂・粋に伺う。その後、師のご友人も呼び出してドンチャン!会が終わったのは午前2時過ぎでした…。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

大宮 業務試飲会

10月6日はモトックス社の大宮業務試飲会でした。東京と大阪の試飲会では1000名に近い来場者数を記録しますが、大宮では初めてとなる試飲会で、同日に複数の試飲会が近辺で行われていたこともあり集客自体は今ひとつでしたが、その分、来場されたお客様とじっくりとお話しが出来た事は良かったと思います。

P1020181.jpg
画像のように私のコーナーも設けてもらっています。出品したワインの中では、特に評価の高かったものは、サンアントニオのソアベ(ベース、クリュ共に)、ヴィエディロマンスのピエーレ、ポッジョピアノのキャンティクラシコ、マッキオレのボルゲリロッソ、あたりでしょうか。

試飲会終了後、スタッフの大宮駅前のトレビキエーリさんにて打上げ。試飲会で残ったワインを持参しスタッフと反省会です。今回の課題を今後の糧として、この大宮試飲会が根付くことを切に願います。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Di Vino(ディ ヴィノ)  -麹町-

10月4日、午前中から私用で出掛け、その足で三鷹の山本酒店へ向かう。14時から17時まで、アルトリヴェッロ社と共同の業務店向けミニ試飲会のお手伝いを。若旦那と会うのも久々でした。

試飲会終了後、来場された西荻窪の”ベジバール・アッカ”へ食前酒を飲みに伺う。西荻の駅を南口へ降りて徒歩1分と素晴しい立地。カウンターのみの小さな店ですが、オーナー・林氏のセレクトワインと料理が楽しめます。当然、ワインのセレクトは私好み(笑)!食前酒など軽く引っ掛けるには最高ですが、次回は料理も頂こうかと思います。

それから四谷駅へ向かい19時に妻と待ち合わせをして、年末にイタリアの当家にも遊びに来た長シェフが8月に開店させた”Di Vino”にて夕食です。開店以来、まだ足を運んだことが無く、訪問を2人で楽しみにしておりました。閑静なオフィス街に店があり、真新しいウッドデッキのテラスを通って着席。ひじょうに雰囲気の出ている店内です。

今回、デジカメを忘れたので料理の画像が有りませんが、かなり上質な内容でした。お任せのコースにしてもらいましたが、いつもと変わらずに抜群の味付けです。料理の好みは色々とあると思いますが、私たちにとって彼の味付けは最高の一人であります。

ワインのセレクトは開店前から相談をしていたこともあり、各州に渡りほぼ完璧な品揃えです(もちろん、私好み…笑)。白ワインは久々にアルトアディジェ・エステノイエ社のステルン08をボトルで、赤ワインは同じくアルトアディジェ・ヴィティコルトーリのロスマン・ピノネロ06をグラスで数杯。両ワイン共に状態も良くてほぼ満足の行くディナーでした。

長シェフの料理、やはり素晴しいです。前菜のバラエティ、凄いです。手打ちのガルガネッリ、歯ごたえ抜群です。メインの黒鯛(妻が頼んだ)と豚肉(私が頼んだ)、火入れ最高でした。まだそれほど知名度が有りませんので、月曜と言う事もあり、昨晩はほぼ貸切状態で長シェフとホール主任・山崎君と4人で話し込んでしまいました。今後の活躍が期待出来ると思います。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:4 

巡業より帰京

只今、午後11時、巡業よりやっと戻れました。23日からかなりハードな日々を過ごし、特に大阪では3夜続けてホテルへの戻りが午前2時過ぎ、広島も1泊ですが同じように過ごし、帰りの京都では少し時間的な余裕がありましたが、精神的に疲れた2日間でした。そして、今日の京都は暑かった!まさに残暑厳しく、でした。

10月に入り少しずつ涼しくなるとは思いますので、心身共にリセットをして業務を進めていこうかと思います。来週の業務ですが、まずは10月4日(月)午後3時から5時まで、三鷹の山本酒店にて試飲会のヘルプへ伺います。お時間のある三多摩地区の方、ぜひ、三鷹へお越しください!

そして10月6日(水)、モトックス社の大宮業務試飲会です。同社も大宮では初の業務試飲会、と言う事でお声が掛かったようです。午後1時から5時まで大宮サンパレスの会場でワインサーブをしております。大宮近辺の飲食店の皆様、ぜひ会場へお越しください。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。