スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

スヴェレート グアルド・デル・レ

私たちもそろそろ本格的に仕事モードです。ヴィニタリーの打合せのため、スベレートのグアルド・デル・レを訪問しました。モンテスクダイオからは車で約40分です。

グアルドのすぐ傍にはトゥアリタ、モンテペローゾなどの有名ワイナリーが有ります。が、歴史的にはグアルドデルレの方が全然長いですし、オーナー夫妻は地元スヴェレートの人。ワイナリーの歴史、ワインの質を考えると、私には何故にグアルドのワインの取り上げられ方が、他のワイナリーよりも非常に少ないのか…、不思議でなりません。今日はワインの試飲よりも日本の市場の事(もちろん震災の事も)、ヴィニタリーの打合せが主でした。ワインは試飲用にロゼを持ち帰りましたので数日内には試飲をしておきます。

グアルドに来ると何故か心が和みます。理由、オーナー夫妻は動物が大好きで、犬、猫、飼ってます。見ての通り犬も猫もデカイです!まぁ、オーナーのニコ=ロッシ氏もガタイは大きいですが。。。
29 Mar 2011-1
29 Mar 2011-2

カンティーナの脇にある藤の棚、すでに花が咲き始めていました。今年は3月の気候が良かったので、葡萄をはじめとして植物の進み具合が10日以上も早いそうです。この数年、冬から初春にかけては天候が優れなかったので、今年はこのまま順調に進んでほしいです。スヴェレートでこの藤を愛でるように、日本もまずは桜を心おきなく愛でるような気持ちになって欲しい、そう思えてなりませんでした。
29 Mar 2011-3
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

神頼み・・・

今日は朝からものすごい雨、雹交じり、そして雷も凄くて、それが家のすぐ近くに落ちました。雨が小降りになったほんの少しの間、私は外に居たのですが、偶然にもその瞬間を目撃・体感。雷の音と光量は半端では無かったです。あれが人に来ていたら間違えなく死ぬだろう、、、と感じたくらい。何だかまた助かったような気がします。

震災ニュースなどを見ていて、死がそれほど遠い存在ではない事を実感してましたから、雷もかなりヤバいと改めて思った次第。今の懸念はやはり福島原発の事ですが、様々な情報を聞いていると人間が自力で対処出来ない状況に近くなった感があります。やっぱり最後は神頼みになるのでしょうか。。。これ以上、悪い方向へ進まない事を願うだけです。

一転、昨日は天気がかなり良くて(午前中だけでしたが)ミケーレに誘われてピネータで走ってきました。前回からほぼ2カ月ぶりのピネータですが、自分で思っていたよりも走れました。3.5キロ走り、2キロ歩き、3.5キロ走り、折角なので日曜のジョギングは復活をさせたいです。途中で多くの知人に会いましたが、誰もが日本の事を気にかけてくれていて本当に有難いです。

夜はミケーレ宅に呼ばれディナーを一緒にしました。話題はもちろん日本のことでしたが、話を聞いているとほぼ正しい情報はイタリアにも来ているようです。そして、これから復興にどれだけの時間とお金が掛るのか、大変です。また、被災した方、亡くなった方へ改めて哀悼の意を捧げたくなりました。本当、頑張れ日本です。

今週は比較的に時間が有りますが、来週からヴィニタリーも始まりますので、4日からは怒涛の10日間が始まります。私たちにとっては1年で一番重要な10日間になりますから、一切の雑念を払い業務に集中をしたく思います。それまで少しでも日本が平穏を取り戻せるように”神頼み”です。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

無事に到着

昨日、フライトの遅れが多少出たくらいで、問題なくモンテスクダイオに帰り着きました。朝方のパリも、昼過ぎのピサもとても天気が良く、こちらはすでに春の雰囲気さえ漂っております。日本も早く暖かくなってほしいです。

今日も朝からニュースを見ていましたが、イタリアではすでに日本の震災の事よりも、リビアと多国籍軍の(ほぼ)戦争に焦点が移っているようです。実際、イタリアは多国籍軍に参加するようですしね。時間の経過と共に震災の状況も分かり、復興の兆しも見えてきたからでしょうか。でも、福島の原発の事は随時報道がされていますので、放射能汚染に対するこちらの興味の高さは伺えます。また、イギリス径由のNHK衛星ニュースが24時間見る事が出来るようになっていて驚きました。

今日はチェチナに買い物に出かけましたが、街で出会った知人からは、「日本が本当に大変なのは知っているけど、あなたは無事で良かったね」と言われました。改めて「自分は幸運だった」と思えます。今日で震災から2週間が経過しました。被害状況も大分把握されてきて、その被害の大きさに改めて心が痛みます。が、我々が立ち止まる事は意味が有りませんし、交流の有る多くの方たちも異口同音に「経済的な復興が支援につながる」と言っていて頼もしく感じます。

私もイタリアに戻りましたので、関係しているワイナリーには正しい情報をしっかりと伝えて、イタリアから我々が何を出来るのかを再考してみようと思っています。そして福島原発の沈静化を祈るだけであります。

Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:0 

イタリアへ出発

昨晩は早大・棒術会の宴席でした。会場となったプリンスタワーの館内は少し暗く、東京タワーも真っ暗の中に佇み、しっかりと節電している感がありました。しかし、学生たちのハートは明るく熱いです!こんな時に宴席、諸方面から非難の的になりそうですが、卒業する学生たちはこの日のために4年間、師匠を信じて辛い練習に耐え、仲間との連帯を高めて来たと思います。宴席に参加した学生たちは、これから先の日本の復興に繋がる、強い力になってくれると私は信じていますし、十分な経済活動(笑)をしたと思います。
22 Mar 2011
宴席で卒業生に振る舞ったワイン、かなり良いもの!

さて、私事、本日夕刻のエアフランス便でイタリアへ出発です。途中、ソウルに止まり乗務員が交代するそうな、、、。ルフトハンザは成田空港乗り入れを中止しています。どのような理由かは容易に想像できますが、私もイタリアに戻りどのような報道が現地(ヨーロッパ全体)でされているのか、実際に見聞きするのが楽しみであります。

次回からイタリアからのアップになります。皆様も諸事に渡り、十分にお気を付け下さい。

Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:0 

A.V.I. Amici Vini Italiani

18日のブログにも書きましたが、”ハイパーレスキュー隊”、真の勇者たちがTVに出てくれました。3人のインタビュー、涙無しで見ることが出来ません。。。日本国家のために本当にありがとうございました。これから更なる状況の好転を願うだけです。

本ブログを読んでくれている皆様にお知らせです。イタリアワインを愛する仲間、大阪を中心とした同志達がイタリアワイン普及のためのグループを発足させています。”イタリアワインの友達たち”です。正式に立ち上がったのも昨年末、まだまだ知名度も無く、大きな活動(昨年のキャンティクラシコのイベントは良かった!)も少ないのですが、ぜひ一度、こちらのサイトをご覧ください。

Amici Vini Italiani

ここから少しずつでも仲間の輪が広がり、そこから日本中に輪が広がり、間違えなく復興に時間のかかる被災地に何か出来ればと考えています。実際、一部のレストランでは義援金などの活動も始めています。ここにも「自分が出来る何か」があります。イタリアワインを愛する、と言う共通の強い思いがありますから、大抵の事は出来るはずですから!!


Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

プチ・山本会

昨晩、山本会主催者・中塚氏宅にて内輪のワイン会を開いてもらいました。山本会の主要メンバーの参加もあり、7人で8本くらいのワインが空き、かなり盛り上がりました。中塚夫人の手料理もとても美味しかったです。ご夫妻、有難うございました。

話題の中心はやはり震災と原発の事、ただ飲んだくれている訳ではありません。関東以北の直面している問題は山積ですが、何とか元気を出す=市場を盛り上げるにはどうすれば良いか、真剣に皆で考えました。このようなときに不謹慎な、と思われる輩も多いとは思いますが、いつまでも沈んでいても暗くなるだけです。暗いのは節電だけで十分であります。

今の自分で出来ることがワインの消費ならばワインを消費する、で良いと思ってます!22日には早大・棒術会の宴席が待っています。せめて、一筋の明かりを灯したく思います。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

真の勇者とは

大地震から1週間経ちました。あの騒動も少し遠い記憶になりつつあるように感じます。時の流れは速い。。。被災された方たちのいち早い復興を祈るのみであります。

それにしても、毎日、結構な余震があるし、停電のことなども影響があるし、大地震よりも日々の暮らしの方に心の中の比重が大きくなっています。時間の経過とともに被災地の状況も分かってきて、被災しなかった私たちが何をするべきかも分かってきましたしね。

それよりも今、しっかりと我々が考えなければならないのは福島の原発問題でしょう。日本人が出来うる最大・最高の対応策を講じているとは思いますが、原発のすぐ近くで働いている人が大勢いることを、政府もマスメディアももっと取り上げるべきではないでしょう。

今日、イタリアにいる妻からの鋭い指摘があり、「今、最も死に近い場所で命がけで働いている、名前も知られない50人(たしか)の人がいる」と、イタリアをはじめとして世界中のニュースでは放映をされているそうです。そんなニュースが日本で流れていたっけ?と考えてしまいました…。

世界中の人々は、おそらくこんなことが日本で起こるなんて考えたこと無いでしょう。でも、これは現実に進行していることですよ。私は妻の話を聞いたとき、映画・アルマゲドンを思い出しました。今も福島原発の周りに残って仕事をいる人たちこそ「真の勇者」であると断言したい。最悪の状況にならないように、半分以上の日本人を守るために、絶対的な使命感だけが彼らを動かしていると思います。映画ではない現実世界で。

日本の歴史の中には沢山の勇者が名を残していますが、このミッションが成功裏に終わった後は、今、死と向き合っている彼らの名前を公表して、日本の歴史に絶対に名前を残してほしいと思います。”皆の努力で成功した”では決してありませんから。そう思う人、今はエアロスミスの名曲を聞いてくれ!


Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

レストラン訪問で思ったこと

今日は午後からレストラン営業に行ってきました。地震後はもちろん初めてですし、電車に乗るのも初めてです。訪問した順番ですが、麹町・ディヴィノ-飯田橋・スクニッツォ-麹町・ピッツェリアドーロ-半蔵門・エノテカドーロ-赤坂・マガリ、です。

ディヴィノはランチを兼ねて訪問でしたが、思った以上にお客様が来られていました。しかし、長シェフに話を聞くと「夜の営業はこの3日ほど、毎日1-2組の来客のみ」だそうです。これはどのレストランも同じのようで、ランチはまだマシ、ディナーは0に近いとのことです。今日も最後にお邪魔したマガリでは、「18時過ぎから大規模停電が起こる可能性がある」との報道直後、お客様からキャンセルの電話が入ってました。何とも状況は厳しいです・・・。

どのお店も「こんな時に来店しようと思ってくれる、大切なお客様のために店を開けている」と言ってました。その言葉を私も肝に銘じて、自分に出来ることを明日からも考えたく思います。上記レストランの近所に住まわれている方は、ぜひ足を運んであげてください。最高のサービスをしてくれるはずです!!

追記: 赤坂・マガリでは4月15日まで節電メニューと言う企画で5000円でかなりの飲み食いが出来るようです。詳しくはここでリンクしたお店のサイトをご覧ください。

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

イタリアワイン最強ガイド 4刷決定

拙著・イタリアワイン最強ガイドの4刷が決まりました!盟友・江坂氏が亡くなり、これからどうなるか少し心配をしていましたが、氏の志は文春社の中に受け継がれていくと理解します。暗いニュースしか無かったのですが、私にとっては良いニュースでした。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:2 

神頼み

輪番停電の影響で交通機関の動きが読めない現在、じっと在宅での生活をしております。ニュースばかり見ていても気が重くなるので、柄にもなく亀戸天神へ神頼みに行ってきました。が、ここも地震の影響でしょう、大型の灯篭がいくつも倒壊してました。。。改めに揺れの凄さを実感です。

そんなことは関係ないように梅の花はほぼ満開、ひじょうにきれいに咲いておりました!人もまばらな境内を散策、復興祈願とこれ以上被害が拡大しないようにしっかりと祈ってきました。「これでもう大丈夫」、と言いたいところですが…。Forza Giappone!!

15 Mar 2011
白梅よりスカイツリーを望む

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

未曾有の危機

昨日から社会機能の麻痺が始まった首都圏ですが、それでも被災地に比べればマシだと思わずにはいられない。もう書きたくないけど、彼の地はそれほど酷い状況なのが分かります。

予定していた関西方面の出張は中止になったので、在宅でニュースをずっと見ていますが、真実はどうなのか分からなくなってしまう。冷静に事実を受け止めたいけど、それが事実なのか疑いたくなります。しっかりとした情報管理、本当にお願いしたい。。。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

1000年に一度…。

マグネチュード9.0、1000年に一度有るか無いかの地震だと専門家が言ってました。これって対策を講じられるレベルの話ではなかったということですよね。日本人(と言うよりも現代の人類)が初めて経験する自然災害となった訳で、この時代に生まれて恐ろしいことを目撃してしまったのですね。今はこれ以上の被害拡大が無く、復興に向かえるように自然界も味方してほしいと思います。そして、福島の原発、これ以上の問題が起きないことを願うだけであります。

明日から東京以西の日本では、今までと変わらない社会活動が始まるとは思いますが、普段通りの生活をしていけるのか不安になりますし、被害を受けた地域の方々を思うとひじょうに複雑な心境になります。一体、私に何が出来ると言うのだろうか。。。


Tag:コラム  Trackback:0 comment:2 

無事でおります!

日本の一番長い日、現実となってしまいました。私は幸運にも東京におりましたから、生命に危害が及ぶような被害を受けませんでした。それでも地震が起こったときは、営業で六本木のイタリアンにいましたが、徐々に揺れが大きくなりスタッフ全員でテーブルの下に入り、それでも揺れが止まらず大きくなって、その瞬間は命の危険を考えておりました。。。

地震後、営業を続けてそのまま徒歩で近場の恵比寿に行き、恵比寿から何とかバスに乗り田町へ。田町から亀戸まで10キロ以上歩いて帰宅しましたが、11時近くに帰ってからニュースを見ていると、東北地方は大変な事になってました。今現在も被害を受けた大勢の人がいることを思うと、「自分はほんとに助かった」と思わずにいられません。

イタリアからも沢山のメッセージが続々と届いていまして、事の大きさを感じるばかりであります。これ以上の被害が出ない、広がらない、事を願うばかりです。

Tag:コラム  Trackback:0 comment:2 

ブルゴーニュ堪能!

昨晩は恒例・リアルワインガイドの校了打上、中野坂上のプチ小西で開催されました。今回も徳丸編集長が売り場から選ぶ、日本とブルゴーニュを堪能です。毎度の事ですが、かなり上質なワインを飲むことが出来るので、私にとっても勉強の場でもあります。ボトルで飲んだワインは以下の通りです。

・勝沼甲州シュールリー2009 (シャトレーゼ勝沼)
・桜沢シャルドネ オーク樽醗酵 2009 (奥野田ワイナリー)
・ウトアニマ・カベルネ 七俵地畑収穫 2009 (山梨ワイナリー)
・第一楽章 2008 (ココファーム)
・サンロマン スーロシェ 2008 (シャソルネイ)
・ジュブレ・シャンベルタンVV 2008 (フーリエ)
・ジュブレ・シャンベルタンVV プルミエ・コンブオモクーヌ 2008 (フーリエ)
・ルショット・シャンベルタン 2004 (クリストフ・ルーミエ)

私、イタリアワイン以外を自腹で飲むのは、この打上くらいだと思います。今回飲んだ日本のワイン4本、白は自分のイメージに合致していましたが、赤は思った以上に美味しくてビックリしました。特にウトアニマですが、スペインをイメージする濃さが有って、ブラインドで日本とはまず思えません。また、第一楽章ですが、このワインはマスカットベリーAで仕込まれますが、適度な濃度とキレイな酸味があってかなり評価できます。また、これはビオだそうですがキレイな仕上がりでした。日本の赤も相当レベルが上がっていると思います。
9 Mar 2011-2
ラベルが印象的な奥野田ワイナリー
9 Mar 2011-1
かなり美味しいカベルネでした。

そしてブルゴーニュ、今回は4本共に秀逸なワインでした。大抵は2本目のジュブシャン辺りで終わりですが、徳丸さんの体調が良かったせいか、プラスの2本が実に素晴らしかった!プルミエでもかなり満足しましたが、最後のルショットは全く別次元でしたよ。香り、凄いです。このワインは2樽(つまり700本前後)しか仕込めないらしく、それを世界中に売るのですから大変な事ですよね。このように上物を比べてしまうと、ブルゴーニュはこのレベルを飲まないと、本当に満足したとは言えないことが私でも分かります。本当に大変な世界です、ブルゴーニュに嵌らなくて良かったと思います。
9 Mar 2011-4
プリミエクリュ
9 Mar 2011-5
グランクリュ・最高!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

祝・1周年 カンティネッタバルベーラ

義兄弟・盟友、関西イタリアワイン界の重鎮・森氏がソムリエを務めるカンティネッタバルベーラが1周年を迎えました。心よりお祝い申し上げます、おめでとうございました!!

先月来日したマンザーネ・フォッソコルノのメーカーズディナーの時の一コマですが、メインとして供されたスペアリブの煮込み、絶品でした。マルコは1畳のキッチンでこれだけ素晴らしい料理を作るシェフに「ギネスものだ!」とのコメント。今後も良い料理を作って行って欲しいです。

21 Feb 2011-1
21 Feb 2011-2
21 Feb 2011-3


Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

ロゼワインテイスティング 合同試飲会

昨日は妻を成田空港へ送ってから、とんぼ返りで渋谷・タロスへ向かいました。輸入元6社の合同企画で”ロゼワイン”だけの試飲会に参加です。出展をした輸入元は次の通りです。アビコ、ヴィノフェリーチェ、オーバーシーズ、モナカ、ワインウエイブ、アルトリヴェッロ、会場の広さも丁度良く、来場者も40人超、なかなか盛況な会となり嬉しく思います。ワインは全部で21種、発砲酒からスティルまで、幅広いセレクトでした。

試飲会が終えて、6時過ぎからタロスも夜の営業が始まった訳ですが(私たちも有志で食事会をしましたが)、火曜にも関わらずに完全に満席!です。入店できずに帰ったお客さんもかなり多かったと思います。先週の土曜にオーナー・馬場シェフがTVに出演をされたそうで、その影響も少しはあるかと思うのですが、それにしても凄い繁盛ぶりです(笑)。

そして、ロゼの試飲会をやりましたから、レストランのワインは基本ロゼワインをサービスしてました。おそらくかなりの数のロゼワインが供されたことでしょう。日本で一番沢山のロゼが飲まれた日だと思います!これを機にもう少しロゼワインが市場に根付くように願わずにはいられません。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

亀戸 萬清

今日は雪の降りしきる午前中から、アルトリヴェッロ・伊東社長と打ち合わせ。足を運んでもらい地元・亀戸に来てもらいました。昼過ぎに打ち合わせを終えて、ランチを食べようと色々と考えた結果、トンカツと言うことになりカツサンドがメチャ美味しかった、亀戸・萬清へ行きました。

カツサンドはたまに買って食べていましたが、確かに店内で食事をするのは初めてなような気がします。当然、一番美味しそうなものをオーダー。特選横綱ロースと特選横綱ヒレを頼みました。基本、トンカツ大好きなので、近郊の有名店などは一通り食べ尽くしましたが、萬清、予想以上に美味でした!肉厚、揚げ、ほぼ完璧であります。かなり食べ応えのある定食は、学生が来ても満足することでしょう。税込2100円、決して高くないです。ご近所のN氏夫妻は行ったことがあるのかな…(笑)、今度聞いてみます。


Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

北の大地より帰還

先ほど、北海道より帰りました。心配した悪天候にも遭遇せず、全行程を無事に終えての帰宅です。3泊4日でしたが3泊ともホテルへの戻りは午前3時…、北の大地でもほとんど病気であります(笑)。今回は仕事が絡んでおりませんので、イタリアンへ行ったのは最終日のランチ(お馴染、恵庭のチェルボです)だけ。それ以外はスパニッシュと和食です。ワインはしこたま飲みましたが、スペイン、フランス、道産、と、いつもは飲まないカテゴリーでなかなか面白かったです。

本旅行の主目的がスペイン・バスク料理の名店・函館バスクでの食事でしたので、内容的にも満足の出来る旅行でした。私はバスク料理なるものが初めてでしたが、素材を生かした和に通じる味わい、美味しかったです!そして、昨晩訪問したすすきの・北の味のつけ、も良かったです。キンキ、ホッケ、ハッカク、北の美味のオンパレードでした。同行を頂いた皆様、有難うございました。

4 Mar 2011-Hakodate-1
画像は函館山からの絶景の夜景です。

Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:2 

北の大地へ

今週は週初めから結構忙しかった。昨日は依頼を受けて、現在日本には輸入をされていないバローロ2軒(ジャンフランコ=アレッサンドリア、マウロヴェリオ)の試飲をディヴィノでしました。ヴィナイオーロ、小さな生産者のワインでなかなか良い品質でした。が、売るとなると少し難しい感じです。

さて、「久々の休暇」と言うことで、明日から日曜まで北海道へ行ってきます。宿泊は函館、札幌、予報だとかなりの雪のようで、今から道中心配であります。同行者はわが師・中島御大とお弟子さん、そして軽井沢・リポーゾの新井夫妻です。一昨年のイタリア旅行で旅をした気心が知れた仲間ですから楽しみです。

函館は初めてですが、ここは幕末に人生を全うした新撰組副長・土方歳三の終焉の地。土方は幕末で活躍した人物では私が最も尊敬・敬愛する人物です。彼の地で彼の息吹を少しでも感じたく思います。涙しないように気を付けます(笑)。


Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。