スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2012年もお終い…。

震災から1年が経った2012年も今日で終わりです。 まず最初には、震災関連の事を考えるべきと思いますが、被災地の復興がどのように進んだのか、被災地の状況は良くなっているのか、など、私が気がつく範囲では、もう報道が殆ど無いように思えてなりません。。。 

例えば、イタリアに来てからの衛生ニュースで見たのですが、宮城県の海沿いの被災地では今でも下水管から海水が溢れ出て来て、水浸しの場所がかなり多く残っている、と言ってました。その下水管を取り去る作業ですら、国の指導では出来ないそうです…、一体、何でなの…と思います。色々な障壁が有って一事が万事、こんな調子なのかもしれませんが、国は何をしているのだか。。。また、被災地普及のための「お金」は、どんな使われ方をしているのでしょうか…。 本当、新しい政府には迅速な対応をぜひお願いしたいものです。 

私の仕事に目を向けると、2012年は8ヶ月近く日本におりましたから、日本各地の様々な場所へ顔を出す事が出来ましたし、本当に多くの方との交流が持ってたと思います。やっと、ワインの仕事をしていて、それなりの成果を感じる事が出来た年であると思い、かなり充実をした1年間でした。これも身近にいる方々のお陰、感謝の気持ちで一杯であります。2013年も同様に(更にかな)日本各地へと足を運び、イタリアワインの普及に努めたく思います!

最後に本ブログについては、Facebookと言うSNSを使い出してから、そちらが基本的にメインな情報伝達のツールになってしまい、本ブログを疎かにしてしまっております。誠に申し訳ない。。。  来年こそ、上手く両立出来るようにしたく真面目に思っています。個人的な思いの丈を書くなら、FBよりもブログの方が良いのは分かっていますので「しっかりと頑張ろう」が、来年に向けての誓い、としておきます!!

それでは皆様も良いお年をお迎え下さい。画像はモンキエロから届いたモンビローネの雪化粧です。大変に気に入っています!

Vogneto di Monbirone
スポンサーサイト

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

ニューシネマパラダイス

イタリアに戻ってから、もう10日も過ぎてしまいました。 日本に居る時よりも早起きだし、動きが無い訳では有りませんが、本当に時間の経過が早いです。。。これではすぐに日本へと帰国する事になるんでしょうね…。

昨日はクリスマスでしたので、イタリアはランチがメインです。私たちも王道のクリスマスランチを堪能、ワインもそれなりに良い物を選んで飲みましたので、かなり満足しております。昼がメインですから、夜は食事はしません。大抵のイタリアの家庭はそうです。私たちもハーブディを飲んだだけで、ゆったりと過ごしました。

さて、前置きが長くなりましたが、ハーブティを飲みながらTV映画を鑑賞、90年代にイタリアの映画業界を復活させた名作・ニューシネマパラダイスを見ました。私、この映画を通しで、それもじっくりと見るの、初めてでした…。これだけイタリアと接点が有りながら、誠にもって申し訳有りません…と言う感じです。 

多くの方が内容をご存知でしょうが、主人公・サルヴァトーレの幼い頃・青春時代を回想的に映像として映し出されていますが、前半部と後半部では完全に展開が異なっていて、実に大人な映画である事を、今更ながら認識をさせられた次第です!本作は絶対に感動大作、なのでしょうが、この映画に感動するにはそれなりに人生経験を積まないとダメ、だと思ったのが見終えての感想です。だから、私ではまだまだ!と言う事になります(苦笑)。

まぁ、私も50歳を過ぎてしまったので、それなりの人生を歩んで来ているとは思いますが、それでもダメですねぇ。だから、この映画を再び見た時に感動が出来るように、これからの残り(?)人生を生きて行こうと思ったのです。久々のブログアップで、こんな事を書いていますが、事実、感銘を受けましたし、年末に良い映画を見る事が出来ました。

ちなみに、映画続きですが、成田ーパリ間のフライトで見た映画ですが3本でした。1.ダークナイト・ライジング 2.ボーン・レガシー 3.アメイジング・スパイダーマン です。 1と2はひじょうに見応えの有る映画で内容が複雑です。もう一度、復習をしてから見てみたいです(特にダークナイト)。 3は映像自体は迫力が有って良いのですが、ストーリーが余りにもベタ過ぎで、トカゲが気持ち悪いです。 

と言う事で、映画ネタに終始してしまいしたが、ブログアップするネタが少しは有りますので、またのんびりとやって行きます。


Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

イタリアへ!

今年の日本滞在を終えて、明日はイタリアへ出発です! この秋は丸三か月、日本に居りました。。。 10月にイタリアへ戻らなかったのは十数年ぶりかと思います。   イタリアへ戻ったら、少しゆっくりしてから出来ればワイナリーを少し周りたいです。 新ヴィンテージのワイン、試飲をしたいですからね!

今日は中学時代の友人(渋谷区松濤エリア)の豪邸で忘年会を開いていただきました。50歳を越えた仲間6名での開催ですが、夕刻から11時過ぎまで、ひじょうに楽しい語らいが出来ました。本当に良い人間ばかりです。思えば2012年、少しくだらない人間と付き合ってしまった以外は、私にとってはなかなか良い年だったと思います。このまま来年も同じように物事を進められるように、年末は熟考をしたく思っています。

と言う事で、日本の皆様はこれから忘年会のシーズン真っ盛りだと思います。ぜひ、お身体ご自愛くださいませ。来週以降、イタリアからブログアップを頑張りたいと思います。


Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:0 

広島・小倉出張 レストラン編

今回の出張、広島ではスペランツァ、グラン太郎、レガーレディアクアパッツァ、の3軒、小倉ではビステリア・ベック、ピウ、の2軒を訪問しました。まぁ、それにしても日本のレストランはどこへ行っても、ある程度は美味しい料理を食べられるので嬉しい限りです。また、日本なりの創意工夫と言えば良いのでしょうか、各店のオリジナリティもあり、新しい店に行くのはまず楽しいものです。レガーレ以外は初訪問の店ばかりでした。

以下、各店の良かった料理です。やはりこの季節、魚介類の料理が多いですし、その方が嬉しいです。また、季節柄、イタリアンでは特に好まれる、トリュフやジビエ、はそれほど食べませんし、興味を魅かれません。。。 グラン太郎とピウは、ほぼワインだけを飲んだような感じで料理の画像が有りません。。。申し訳ありませんが次回と言う事でお願いします。

24 Nov hiroshima-3
24 Nov hirosima-4
スペランツァでの前菜とプリモの1つ、魚介のサラダ仕立て、牡蠣のスパゲッティ。

Legare.jpg
26 Nov Hiroshima-1
レガーレでの前菜とプリモ、ランチに伺ったのですが完成度の高い料理でした。プリモでスライスしてあるボッタルガ、これでもかっ!というくらいの量でした。

Bekk.jpg
小倉で開店したばかりのイタリアン、これは前菜の1皿です。

見ての通り、どのお皿も美味しかったです!!

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

広島・小倉出張 ワイン編

11月24日から27日まで、遠方への最後のお勤めをしてきました。晩年に過ごしたいと思っている街・広島、そして、熱き血潮を感じる街・小倉です。

出張の目的ですが、広島では日曜日に開催された横川の名店・ミトモ酒店さんの試飲会のヘルプ、小倉は九州ワインショップの草分け・古武士屋さんでのイタリアワインセミナーの講師をすることでした。その前後、広島では盟友・新矢氏主催のワイン会がありましたし、小倉では営業で新しいレストランを数軒訪問しています。

以下がワインの画像ですが、滞在中、なかなか良いワインを飲む事が出来ました。

24 Nov hirosima-1
マッキオレ・パレオ1993年、ひじょうにバランス良く熟成をしています。まだ枯れた印象は有りませんし、果実味も酸味もしっかりとしています。と言うか、若ささえ感じます!私的には香りが素晴らしかった、と思います。どれほどの数が現存しているのでしょう…、私がイタリアに持っている最後の1本は、2023年に開けたいと思います。。。

24 Nov hirosima-2
同じくマッキオレ・スクリオ2005年、マッキオレではパレオビアンコと同様に生産がひじょうに少なく、スクリオこそ、マッキオレのレアアイテムかと思います。。。 このワイン、世間一般で言われるシラーの香りは少なく、ボルゲリ特有のミント香が強く、とてもシルキーな印象でした。たぶん、シラーが好きと言う方は多いと思いますが、シラーのシラー的なイメージを覆すだろう逸品ではないかと。まぁ、少し褒めすぎかな(笑)。

25 Nov hiroshima
広島の燻製居酒屋・グラン太郎で頂いたサンジェルバジオ・シリーチェ、2010年ものでがひじょうにフレッシュなワインでした。このレベルでも舐めてはいけませんね!これを居酒屋の定番白ワインとして置いてくれたら、絶対に通うのですが…。

26 Nov Kokura-1
小倉のディナーで頂いきました。イタリアワインがよほど好きではないと分からないだろう、かなりコアで歴史のあるワインです。エミリアロマーニャ州・カステラッチョのロンコ・デッレ・ジネストレ2002年、トスカーナ以外のサンジョベーゼではかなり有名なワインです。オフヴィンと言われえる02年ですが、先日飲んだロッソディセーラ同様に、ひじょうに上質な味わいがありました。若干、硬めに熟成をしているので、デカンタなどをした方が良いと思います。この蔵、久々に飲みました…(笑)。

26 Nov Kokkura
小倉の夜の〆で伺ったショットバー・アクアで出された、シチリアのエトナエリア・テヌータシリオのエトナロザートです。このテヌータシリオ、今年最大の収穫だったかもしれません!! それほど、ワインの仕上がりが素晴らしいです。少しワインの温度が上がってくると、ヴィエディロマンスの名ワイン・チャントンスの片鱗を感じることが出来ます。昨今のロゼブームの中、このワインは一石を投じることが出来る品質が有ります。

広島の試飲会、小倉のセミナー、なかなか良い仕事が出来たと思います。これも現地で頑張ってくれている酒屋さん、飲食店さんのお蔭です! 有難うございました。。。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。