スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2013年を終えるにあたり。

2013年、振り返ってみれば、個人的には決して悪い年では無かったと思っています。 大した病気もせずに、全てを無事に乗り越えた感が有りますし、業務的にもそれなりに良かったと思います。 また、今年は私の10年来の念願だった”レストラン業務”にも携わる事も出来ましたし、そちらの方も何とか順調に成長が出来ていると思います。 

まぁ、取り敢えず「健康」で過ごせた事が一番でしょうか。。。  そして、この1年を通してお世話になった多くの皆様へはお礼の言葉を送りたく思います。 本当に有難う御座いました!

そして、2014年ですが、本年末から懸案になっている諸問題を出来れば解決して、それから次のステップへ向かうつもりですので、少しスローなスタートになると思いますし、その分、仕事も抑え気味にして行こうかと考えています。関係各位には多少のご迷惑を掛ける場合が有るかも知れませんが、その点はご容赦を願いたく、今からお願いをしておきます。

ともあれ、間もなく日本は年が明けますし、こちらでもしっかりと最後の〆を行いたく思います。ちなみに、私たちはスベレートのレストランで、インターナショナルな方達との晩餐会です。 何故か、ワインはフランスが多いようですが、それも楽しみです(苦笑)。。。

それでは、皆様の”素晴らしい2014年の幕開け”を願って、2013年の最後のブログとさせて頂きます。
スポンサーサイト

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

2013年クリスマスを終えて…

イタリアに来てから1週間が経ちました。 日本(東京)と違って、誠に静かな日を過ごす事が出来ております…😌

昨日はイタリア人にとっては、1年で一番大切であろうクリスマスです! 今年は何処へも行かずに家で過ごす事となり、準備万端でプランツォを食べる事が出来ました。まぁ、私たち2人と猫2匹ですから、それほどな量では有りませんが、内容が充実、勿論、ワインも充実です!先ずはワインの画像から…。

25 Dic 2013 vini

とりあえず4本のセレクトですが、結局の所、この中から2本しか抜栓しておりません。左のシャンパーニュ・ローランペリのブリュットと右から2番目のカステッロ・ディ・ランポッラのヴィニャ・ダルチェオ1996です(ドンフォフ・リースリング2004とロッカベルナルダ・ピコリット2003は後日、抜栓する事にしております)。

ローランペリエ、名前は本当によく聞きますが、あまり飲んだ記憶が有りません。 飲んだ感想ですが、比較的に軽めながら果実味と酸味のバランスが良く、食前酒としては最適な感じでした。何となくですが、軽くて爽やかなシャンパーニュって、少ないですよね。 これはそのイメージ通りの物でしたが、他のキュベは違うんでしょうか。。。 

そして、アルチェオの96年は妻の希望での抜栓ですが、このワインの初ヴィンテージ、そしてガンベロロッソガイドの最初の"Rosso dell 'Anno"です(確か…)。 アルチェオに関しては、当時のランポッラの醸造家・ジャコモ=タキス氏に会った際に(98年ですかねぇ…)、本人からアルチェオ(ランポッラでのカベルネの出来上がりが凄い事)の素晴らしさを聞いていて、リリース後に即買いをしたワインです。もちろん、何本か買いましたが、これが最後の1本でした。 感想です、先ず17年熟成を経ていますが、殆ど熟成感は有りません、ビックリです! エッジもまだ大して変わっていませんし、酸化のニュアンスは皆無です。 香りは素晴らしいですが、味わいのバランスが今ひとつでした。おそらく抜栓してすぐに飲んだからだと思いますが、香りの印象よりもまとまりが有りませんから、もう少し早く抜栓をさせるか、熟成をさせるか、が、良かったと思います。 まだ残してあるので、明日以降に再度飲んでみようかと思います。 ワインのポテンシャルは凄いですから、ホールドしている97−99はまだ熟成させる事にしました。。。 

料理はこの2品です。 プリモはピーチ・鹿肉のラグー(抜群に美味しかった)、セコンドは仔山羊・脛肉のローストです。 

25 Dic 2013-primo
25 Dic 2013 secondo

プリモに使った鹿肉のラグーですが、カルチナイアのセリオ翁から貰った肉を使って、野菜と共にじっくりと煮込んだソースは絶品でした。 また、仔山羊の肉は珍しいのですが、柔らかくてミルキーな甘さがあり、こちらもひじょうに美味しかったです!二人で完食です。。。  妻は前日より、かなり気合いを入れて料理をしておりましたから、美味しいのは当然ですが、ちょっとしたレストラン並みの料理です。  本当に有難う御座いました!!

と言う事で、無事にクリスマスを過ごし、後は年末に向けて体調を整えて今年を乗り切りたく思います。

さて、本日のディナーは、マリーナディビッボーナの名店・ピネータで魚介料理です! この数日は天気がそれ程良く無かったので、美味しい素材が入っているのか、少し不安では有りますが楽しみにしております。。。

Tag:料理  Trackback:0 comment:0 

イタリア出発を前に…

少し前に11月の事をブログに書いたので、今回は12月の事を軽く書いておきます。 12月も日々、慌ただしく過ぎて行ったのは確かですが、私の周りに居るほぼ全員が同じですよね…(笑)。それじゃないと、師走なんて昔から言われないですよね、と、納得です。 本当に皆様、お疲れ様です!

と言う事で、今月も沢山ワインを飲みました!また、抜栓したワインの数もかなり多いと思います。自分が参加したワイン会(忘年会)の数を出したら11回でした(1日、4日、5日、7日、8日、9日、11日、12日、13日、14日、15日)、うーん、11日からは5夜連続でしたが、これ以上の人も居るんですよね、きっと! 

基本的に行った会では、最低でも1本以上のワインは飲んでいると思うので、そう考えたら飲み過ぎになるんでしょうねぇ、やっぱり。。。 みなさん、飲み過ぎには注意してください!!

えーと、近々で飲んだもので最も印象深いワインですが、ペッケニーノのバローロ・レコステ2007年でした。私、基本的にはネッビオーロは苦手な方で、よほどその時の身体的なコンディションとワインの味わいが合わないと「これは美味しい」と思わないんですよ。。。 それがコステの07年は、ほぼ何時飲んでも美味しいって感じます。これ、みなさんもぜひ味わってみてください。バローロのクリュなので、少し高い(小売価格で12000円)のですがその価値が十分に有るワインです!

Pecchnino Barolo Le coste 2007


こちらも印象深いワインでした。どれも少し熟成感が出ています。私はこの程度の落ち着いた感が良いです。長期熟成ワインは未だに???なのでね(苦笑)。
11 Dic 2013 vino
今は一緒に仕事をしていないチーマのマッサレッタ2000、味わい深いです!

14 Dic 2013 vino
ボルザーノのカベルネ・ムメルテル2002とマッキオレのスクリオ1997、メッチャ美味でした!!


まだまだ年末に向けて、沢山の忘年会が控えている方が多いと思いますが、私はイタリアに戻ったらアルコールは控えることにします。 皆様、体調管理をしっかりとして、風邪など引かぬようにしてくださいね~!!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

積年の夢叶い・・・ 対抗戦へ

今回もワインネタでは有りません、悪しからず…(笑)。

12月7日、私は仕事で小樽へ行っておりましたが、母校である明治学院ラグビー部は、関東大学対抗戦Aリーグ・Bリーグの入れ替え戦を戦っておりました。 これはサッカーのJリーグと同じで、Aの下位校とBの上位校が、次年度のリーグ存続を賭けて試合をします。 今年の明治学院は対抗戦Bの2位となり入れ替え戦進出、Aリーグ7位の成蹊大学を打ち破り、晴れて次年度から対抗戦Aグループに入ることになりました!! いやぁ、OBとして、これ以上の素晴らしいニュースは有りませんでした、感慨深いです。

私が学院に在籍をしていたのは、81年-84年のシーズンで、当時、70年代の終わりから90年頃までは、大学ラグビーの全盛期で、多くのスタープレーヤーが生まれました。そして、秩父の宮は勿論の事、国立競技場までも満席にした試合が数多く有ったのですよ。今となっては信じられないと思いますが、まぁ、ラガーにとっては、ひじょうに華やかな時代だったと思います。 

当時の明治学院は、全国地区対抗と言うリーグ(関東大学対抗戦・リーグ戦、の下に位置する、少しマイナーなリーグ)に属していて、そこで関東代表になり、全国大会で良い成績を収めて、上位の対抗戦やリーグ戦に入るような習慣があり、地区対抗で優勝することが最大の目標だった訳です。

私が大学3年の83年のシーズン、明治学院は地区対抗の関東代表になり、全国大会で準優勝をしました。まぁ、私のラグビー人生では、唯一誇れる戦績であります!! その翌年から対抗戦の準加盟校として、少しずつですが早・慶・明のような上位校との交流戦が組まれるようになりました。 それからラグビーを取り巻く環境も時代も変わり、大学ラグビーの組織も変化を遂げ、苦節30年、やっと正式に対抗戦Aに入ることになったのです!!いやぁ、現役諸君には御礼を言わなければなりませんな。。。  

まぁ、私のブログを読んでいる方は、ラグビーには大して興味の無い方が多いと思いますが、来年の対抗戦では、ぜひ「明治学院」を応援していただければと思います。

と言う事で、次回からはワインネタになるようにします、たぶん(笑)!

 

Tag:ラグビー  Trackback:0 comment:0 

プロフェッショナル、とは。。。

2日続けてのテニスネタですいません。 

私、今日の午後もスクールへ行ってました。今週は金曜日も行きますので、レッスン4回となります!  これからも仕事入れない日は、スクールへ行きますので、テニスネタが多くなるかもしれません、悪しからず(苦笑)。まぁ、超・健康的な生活です!

今日も何時ものように受付を通って、コートを見ながら更衣室へ入ろうとしたら、物凄く上手な女性が球を打ってました。初めて女性コーチを見たかな、と、思ったのですが、もう打った音からして違いますし、ボール、メチャ早いです!  私のような素人が見ても、コーチよりもかなり上手で、暫く見とれてしまいましたが、凄い女性のコーチが居るんだなと思いました。   うーん、素敵です!!

ずっとコートに居るので、女性のコーチかと思っていたので、自分のレッスンが終わってからスクールの人に「あのメチャクチャに上手な女性、誰なんですか?」と尋ねたら、「女子プロの糟谷さん」と言われました。 彼女、やっぱり、プロだったのですね。。。 私、プロの選手が球を打っているの、生で初めて見ましたが本当に違います。

と言う事で、今から私はプロにはなれませんので、彼女を目指して今後の練習に励みたく思います。 やはり、プロフェッショナルは凄い、と言う事を改めて認識をした次第であります。 新たな目標となりましたよ!



Tag:テニス  Trackback:0 comment:0 

テニス…その後

10月にテニスを始めて約2か月が経過しました。基本的には週1回のスクールですが、私の場合は途中にイタリアに行ってましたから、まとめてレッスンを受けるようになります。10月の前半部を集中的に通い、今、11月末から集中的に通っています。やっぱり、間が空くと感覚がズレテきますね。。。10月で出来ていたイメージが、11月は少し違って来てましたからね。

そして、思っていた以上に”テニス”は面白いです! また、なかなか進歩しません、これは、やはり歳だと思います(苦笑)。  結果、かなり遣り甲斐が有りまして、もう少しレッスンの時間を増やすようにしたいと思います。

現時点までの問題点を自分なりにまとめると、ボールが飛んで来たときの、ラケットを挟んだ自分との距離感の統一性を確保する。 そして、ボールを打つ時の「溜め」がひじょうに難しいです。 結果として、10球中3球くらいしか上手く打てません…。  まぁ、初心者ですから当たり前、ですよね。

今後は自分なりに「ナイスショット」が増えるように、やはりイメージトレーニング、をしっかりとやりたく思います!

ブログもこんな感じで続けて行きます!   テニス、頑張りますよ~!!

Tag:テニス  Trackback:0 comment:0 

国立 最後の早明戦ラグビー  プラス ユーミンのノーサイド

昨12月1日はラグビーの試合が沢山あって、私は昼からずっとテレビ観戦してました。 やはりメインの試合は早明戦、現在の国立競技場での最後のゲーム、そして、最後に松任谷由美が生で歌うと有って、もう何年ぶりかはわからないほぼ満席の観客が来ていたようです。  私の記憶では、中学生の時にこの「早明戦」をテレビで見て、高校進学時にラグビーをやろうと決めて、進学する高校を選んだと思います…、懐かしいです。 

昨日の試合ですが、ゲームの細かい内容としては、技術的なミスもかなり多くて、選手間の意思統一が図られた試合運びも無く、その点は残念だったと思いますが、それ以上に、お互いの「意地のぶつかり合い」的な部分が多くて、それはそれで見応えが有り、最後まで目が離せない内容だったことは確かでした。 最終的には早稲田が勝ちましたが、明治にも勝機が十分にあったことを考えると、明治サイドにはひじょうに残念な結果となりましたね。。。 それに、私、基本的にラグビーは明治派なのでね・・・(笑)。

それはさておき、自分たちの試合が終わった後(=ノーサード)に、ユーミンがこの曲をすぐ近くで歌ってくれるなんて、ピッチに居た選手たちには生涯忘れられない記憶となることでしょう、マジで羨ましいぞ。   まぁ、中にはユーミンに全く興味が無い若者もいたと思いますし、早く上がりたかった選手もいたでしょうけどね…。 

とにかく、”ノーサイド”、私が大学4年の時ですから、まさにラグビー現役時の忘れられない名曲です。そりゃ、涙するわな!

で、来年からの早明戦、どこでやるんですか???

Tag:ラグビー  Trackback:0 comment:0 

怒涛の11月を終えて。。。

前回のブログアップが10月31日と、やっぱり、一か月も前になっておりました。。。  思い返せば11月は、今年で最も多忙な月だったと思います。いやはや、これだけの事をよく体調も崩さずに終えられたと思うだけ。 自分の身体と精神力の強靭さに驚くばかりです…(笑)。。。 以下は私の忘備録として書かせて頂きますので、適当に飛ばしてください。

1日: モンテスクダイオからミラノへ移動 ミラノにて斉藤氏と合流、ディナー(アンティカ・トラットリア・デッラ・ペーサ…ミラノのお薦めです)
2日: ミラノ・リナーテ空港からヴェネト州へ移動  サンタアントニオ訪問、ディナー(バッコドーロ)
3日: ヴェネトからフリウリ州へ移動  テルチッチ訪問  ディナー(ピッツェリア)
4日: AM・イエルマン訪問、PM・ヴィエディロマンス訪問  ディナー(アクイラドーロ)
5日: フリウリからエミリア州へ移動。 モデナにてバルサミコ酢・パルメジャーノ工場見学  ディナー
6日: モデナからピエモンテ州へ移動。 ジャコモフェノッキオ、ジェルマノエットレ訪問 ディナー
7日: エリオアルターレ、チェレット訪問 ランチ(トルナヴェント) スピネッタ訪問 ディナー(エノテカロエロ)
8日: ペッケニーノ訪問 ランチ ピエモンテからミラノへ移動  ディナー(アンティカトラットリアデッラペーサ・再訪)
9日: ミラノからモンテスクダイオへ移動

ツアー終了後、帰宅して体重を測ったら1キロ、痩せてました・・・(笑)。うーん、不思議です。。。この後、10日から13日までは、流石に自宅に居りましたが、13日の夜にサンジェルバジオのオーナー・ルカ=トマジーニ宅にてディナーをご馳走になりました。

14日: イタリアを出発して帰国の途へ   

15日: 午前に成田空港着  東京に戻る。  夜、イルマニフィコへ顔出し。

16日: 午前の羽田―米子便で松江へ  松江・アルソーレにて試飲会
17日: 松江から高速バスにて広島へ  盟友・新矢氏宅にてワイン会(素晴らしい会でした)
18日: 広島市内営業  ランチ(レガーレ・ディ・アクアパッツァ) ディナー(ダイニング・蒼(あお))
19日: 広島から山口へ  湯田温泉・酒の三平さん訪問  宇部の新規イタリアン開店での打合せ ディナー(菜のはな)
20日: 午後、宇部空港から羽田便で帰宅

この山陰・山陽出張は実りある巡業でした。 松江の盟友・小田川氏をしっかりとサポートをして行きたいです。19日の広島でのランチは名店・レガーレ。相変わらず素晴らしい内容の食事でした。私の中では西日本のイタリアンの常に上位ランクしています。また、ディナーで伺ったダイニング蒼さん、良い店でした。宇部に新しく出来るイタリアンは、湯田温泉で腕を振るった和田シェフが頑張ってくれると思いますので乞うご期待です。

21日: 盟友・佐藤氏のお仲間衆と会食  久々に銀座のイルパラートへ。ここは東中野の巨匠・権田シェフが在籍をしていたイタリアンですが、権田シェフが独立してからの初訪問でしたが、料理はなかなかに良かったです!再訪しても良いと思います。

23日: 早大・棒術会の創立35周年記念の式典に参加  熱海・大野屋泊(当然、飲み過ぎ…苦笑)。

24日: 熱海から大阪へ移動  中央公会堂にて開催されたアヴィノフェスタへ参加しました。素晴らしいイベントで、1部・2部合わせて800名に近い来場者! 

25日: 大阪市内営業  ディナー訪問したクラッティーニ。盟友・倉谷君の店ですが良かったです!
26日: 神戸エリア営業  ディナー訪問の芦屋のとり千さん、素晴らしい店です!!
27日: 京都営業  ランチ訪問したラ・ヴォチェさん、なかなかのコスパランチです。また、ディナー訪問したた北山の焼肉の名店・しちりん屋さん、ワインも含め最高の店の1つです。
28日: 和歌山・南大阪エリア営業  終了後、新幹線にて帰京

この関西営業もかなり意味のある巡業でした。 新規訪問先も多く、また、和歌山の潜在的な可能性には非常に高いものを感じました。 個人的な来年のテーマは、南大阪と和歌山を組み込みことにします!

29日: マニフィコにてブルゴーニュをテーマにしたワイン会
30日: 友人と横浜にて会食。 三陸の牡蠣(焼きですが)食べ放題。。。

です。

前半は北イタリアでのワイナリー訪問がメイン、後半は西日本での営業活動でした。 それにしても外食、多過ぎですよねぇ。。。 

もちろん、画像も山ほどあるのですが、それを付けていくと、凄く長くなってしまうので、この場は割愛しておきます。 また、何かの機会に画像を入れて行ければと思いますので悪しからず。  まずはブログの再開、と言う事でお願いします!

Tag:コラム  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。