スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

明日、日本へ出発…!

約1月半のイタリア滞在も終わり、明朝日本へと出発です。 イタリアの今年の冬、気温は大して下がりませんでしたが、雨がとても多かったと思っています。北から南まで、イタリア各地(リグーリア、エミリアロマーニャ、カンパーニャ、サルディニア、など)で豪雨による被害が多発しました。 昨年の冬も雨が多かったように思いますし、気温もかなり低かったような気がします。 

今年は雨が多くて気温が下がらないので、葡萄の木が休眠に入らずに、今でも木自体は動いてしまっているそうで、この状態で冬の剪定をすると樹液が切り口から溢れまくります…。先日一緒に食事したサンジェルバジオのルカも、剪定に入れないと言ってました、自然は大変です。。。

今年も日本は寒さが厳しいようで、北日本は豪雪・・・なのでしょうか。。。 私、数日前から体調を崩しているので、日本へ向かうのはとても憂鬱です。年に1回くらいは風邪を拗らせますから、それが今回ではない事を願って、しっかりと薬は飲んでますが、一進一退、と言う感じです。うーん、微妙です。。。帰国初日の月曜夜にリアルワインガイドの試飲が入っていますのでね…😱

さてと、体調を崩す前、ロンバルディア州へ行った際には、美味しいワイン、沢山飲みました。 1つはオルトレポの瓶内2次醗酵スプマンテ・・・抜群に美味しいです! それに安いです…(素晴らしい)!! これは何とか2014年にヒットさせたいと思っていますので、輸入された際は宜しくお願いします。
21 Gen 2014 Il Montu

もう1つはグルフィのオーナー・ヴィト宅で飲んだ、ネロダボラのクリュ、ネロブファレッフィとネロマッカリの2000年です。いやぁ…、素晴らしい味わいでした! 現在、グルフィではクリュのネロダボラを4種、造っていますが、最初はこの2種で、それも2000年が初ヴィンテージです。 同席した次男(マッテオ)が勝手にセラーから出してきてしまったようで(ブラインドで供されたので)、ヴィトもラベルを見た時は青くなっていました。 ヴィトもこの2つは、手持ちが本当に少ないそうですから…、マッテオ、ありがとう!! ブファレッフィはほぼピーク状態、マッカリはポテンシャルを感じさせる状態、マッカリ、凄いです!えー、手前味噌ですが、ブラインド、2本とも銘柄を当てました😁 プラス、ヴィンテージもほぼ1年違い…、良かったです!
22 Gen 2014 Vito

と言う事で、次回は日本からのアップになりますので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

Tag:ヴィアッジョ  Trackback:0 comment:1 

北イタリア・ワイナリー訪問記

久々の更新になりますが、昨晩、無事に北イタリアのワイナリー訪問を終えて無事に帰宅しました。 今回の総走行距離は1700キロ超、最終目的地のヴァッレイサルコへ行った17日ー18日は雪混じりの小雨で、路面凍結など心配をしていたのですが、気温自体は大して下がらず、全く問題なく運転をする事が出来ました。 とても良かったのですが、ノヴァチェッラの近くでスリップして3Mほどの谷に転落した車両の引き上げ(メチャクチャに破損)に出会し、雪道の恐さも再確認しました。本当に雪国の皆様は車両運転には気をつけて下さい。

今回のツアーを宿泊地で追って行きますと、ヴィットリオヴェネトーグラディスカディイソンツォーヴェローナーボルザーノーブレッサノーネ、になります。毎度、心配をするネット環境ですが、宿泊したホテルではWi-Fiがしっかりと完備されていて(それも繋がり易く)、全く問題が有りませんでした。ネット環境でのストレスフリー、初めてなような気がします! イタリアも少しは進歩をした、と思われます・・・😁

Bolzano Centro 2014
私が愛して止まない、ボルザーノのチェントロの画像です!

ワインの方は2014年にリリースされる、新しいヴィンテージの試飲が殆どでしたが、私の予想通りにまずまずの出来栄えで一安心です。日本の皆様は、今年も美味しいワインが飲めると思いますよ! 特に2013年の白ワインは、アルトアディジェでは素晴らしいい状態で、アルコール度数もそこそこ高いのですが、アルコール感をほぼ感じさせない、ひじょうにバランス感の良いワインが揃っています。 ほぼ全ての品種で良い状態でしたから、例年感じられる「今年はこれが良くなりそう」では無くて、それぞれに充実な仕上がりになると思います。

他州では、ヴェネトではソアベはかなり良い出来ですし、フリウリではフリウラーノ・リボッラなど、地葡萄の良さが際立っていたと感じております。ヴィエディロマンスは2014年に2012年のワインをリリースしますが、ディスクミエリス(マルバジア)、ヴィエリス・ソービニョン、ヴィエディロマンス・シャルドネ、の白3種と、久々リリースのメルロ・マウルス2009年が素晴らしいです! 特にマウルス、最後までジャンフランコがヴォースとして出そうか、迷っていたらしく、その意味が分かるヴィンテージです。コッリオの天使が作るメルロに非常に近いエレガンスが有りますので、リリースされたら大人買いをお勧めします!!

また、今回はアルトアディジェで新規開拓のワイナリーとして、ボルザーノから更に北東へ向かったヴァッレイサルコのワイナリーを2軒、廻ってきました。このエリアは気候的に完全に白ワインに向いており、赤葡萄の栽培がほぼゼロ(オーストリアの品種・ツヴァイゲルトのみ栽培しています)に近いと言う、特別なエリアでもあります。国産ワインで馴染み深い(特に北海道で多いのですが)ミューラートゥールガウ、ケルナー、シルバーナー、リースリング、が主要品種で、かなり上質なワインが作られています。 2014年はこのエリアのワインを、日本市場へと紹介をして行きたいと思っていますので、輸入されましたらぜひ宜しくお願いします😁

Valle Isarco 2014
17 Gen 2014-1
雪が降り積もったヴァッレイサルコの畑…美しいです😌

さて、今週でイタリア滞在も終わり、26日のフライトで帰国します。今週はワイナリー訪問の最後で、1泊2日ロンバルディア州・パヴィアのワイナリーを訪問です。最後まで事故や病気の無いように気をつけて過ごしたく思います。

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

2013年の年越しは…

皆様、 2014年 明けましておめでとうございます!! 本年もいつアップするか分からないブログですが😁、どうか宜しくお願いします。 昨元旦は素晴らしい天気に恵まれましたが、今日は朝からの曇天…、何とか午前中にピネータへ5キロのジョギングへ行って来ましたが、今は小雨まじりの天気ですから、大晦日の事をブログアップをしておきます!ワイン、沢山飲みましたから。。。 

2013年の年越しは、モンテスクダイオ町内会の友人夫妻に誘われてスベレートまで遠征しての宴でした。スベレートのチェントロの閉まっているレストランを開けて貰ったようで…さすがイタリアです😜  

本宴席の主催はマレンマでFUORIMONDO(フオリモンド)と言うワイナリーを所有しているベルギー人夫妻でしたが、なかなかの豪華メンバーで、かつ、ワインも滅多に飲めない(飲まない…かな)ようなフランス物がラインナップされていましたので、個人的にも良い経験となり、行った甲斐が有ったと思います。 

さて、豪華なゲスト…ですが、まぁ、イタリアワインに興味が有る方にとってはですが、サンジェルバジオ・マッキオレなどのコンサルタント、そして、ドゥエマニのオーナー・ルカ=ダットマ、そして、町内会の友人はオルネライアの醸造家・アクセル=ハインツ、主催者はフオリモンドのオーナー・オリヴィエです。 ルカとアクセル夫妻以外は知らない人ばっかりでしたが、私が日本人、他にはイギリス人、アメリカ人、ベルギー人、フランス人、など、国際色がかなり豊かで、私の拙い英語とまだマシなイタリア語を使っての会話でなかなか楽しかったです!

ディナーは午後9時半スタート、ワインはルカが勝手に、次から次に抜栓してました、流石に我侭なイタリア人です😁。。。 やはりこの日は料理よりもワインが主役となり、普段では飲めないワインが続きました。 以下、抜栓したワインの画像と、印象に残っているワインの画像です。

31 Dic 2013-1
ワインはこんな感じで、ノーマルの他にマグナムも3本空いています…。 私が持参したのは、ヴィエリスの2004年(メチャ状態良し)、チェルビオーロロッソの2001年(残念ながらタッポセッコ)でした。

31 Dic 2013-2
ルフレーブ・ピュリニーモンラッシェ・ピュセルの1964年、ちょうど50年熟成ですね。 これはオリヴィエのワインで、状態はまずまずでしたが(ルカも大丈夫と言ってましたので)、個人的にはもう枯れ過ぎ…です、酸っぱいし、コルクのニュアンスを強く感じてしまいました。 うーん、やっぱり私、古酒の古酒はダメ…です😱

31 Dic 2013-3
ルカ持参のアルトアディジェのピノネロ、リセルバの2004年です。状態がひじょうに良くて抜群に美味しかったです!このレベルならイタリアのピノも美味しいと思えますし、このような感じのワインを沢山造って欲しいです…、無理かなぁ…😓

31 dic 2013-4
アクセル持参、ピション・ロングヴィルの1990年です。流石に2級格付、状態も良くて素晴らしく美味しかったです! 個人的には今日で一番良かった赤ワイン、たまにはフランスの王道ワインも良いと思いました…、って、当たり前ですよね〜。

そしてアクセル(左)とルカ(右)です! やっぱり大物2人、オーラが有りますよねぇ。。。
31 Dic 2013-5 Luca e Axel
アクセルはお父さんがドイツ人、お母さんがフランス人で、彼はイタリア語、ドイツ語、フランス語、英語を話せます。家の会長みたいで凄いです!

午前0時を過ぎるとルカがマグナムシャンパンでファイトを!! 彼、夜中にずぶ濡れになってました〜😁
31 Dic 2013-6

こんな感じで宴は午前1時まで続き、帰宅したのは午前2時過ぎ…。 当然に沢山飲みましたので、帰りは飲んでいないアクセルの奥さんが運転をしてくれました。 ひじょうに楽しい年越しとなったのは言うまでもありません! 最後に会長公認、若い彼女の画像です…。 将来有望な可愛い子ですよねぇ〜! 成長が楽しみです。
31 Dic 2013-7

と言う事で、2014年も始まりました。 今年も頑張って(?)更新はして行くつもりですが、あまり期待をしないで待っていて下さいね〜!  それでは皆様の今年1年のご健勝を祈願すると共に、どうぞ宜しくお願いします!!!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。