スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ヴィニタリー4日目(最終日)

ヴィニタリーレポートも最後になりました! ここまで来るのも長い道のり(笑)でしたが、久々にやり遂げ感があります。まぁ、書きたいことは沢山有るので飽きずに続けて行きますので、気長にお付き合いください。 最終日は少しリラックスで周りましたのでパートは分かれません。。。

1. ラ・ディステーザ(マルケ)
2. モンキエロカルボーネ(ピエモンテ)
3. ラ・モンテッキア(ヴェネト)
4. バディアディモローナ(トスカーナ)
5. サンドロファイ(ロンバルディア)
6. ヴィッラディコルロ(エミリアロマーニャ)
7. マッシモ・アレッサンドリ(リグーリア)

1.ディステーザ、今年は自然派ワイン専門のパビリオンに出展していて、こちらの会場は凄い人の入りでビックリです!未だにこれだけの人数が”自然派ワイン”に興味を持って来ている事に、まだまだ”自然派”のジャンルが廃れていないと実感しました。。。 今年のリリースはシルバーテ2013、エリミ2012、ヌル2012、ノチェンツィオ2012、です。例年だとエリミですが、このヴィンテージに限ってはシルバーテの良さが光ってました。12年の収穫全体が今一つで、その影響がエリミに完全に出ています。コラードも「エリミに使う葡萄は糖度が上がり過ぎた」と言ってましたし。 逆に例年だとビオ感(笑)満載のシルバーテが、ひじょうにキレイで美味しい! 改めて収穫年の大切さを感じた次第です。

2.モンキエロカルボーネ、何回かブースには顔出しをしてましたが、しっかりとした赤の試飲はこの日となりました。レグレット2012、モンビローネ2011、スルゥ2011、チェク2013、ですが、2011ヴィンテージの2つの赤、抜群に美味しいです!私にとってバルベーラの最上ワインは、このモンビローネなのですが、この11年は過去のワインと比しても最高の1本でしょうね。また、スルゥも同様に素晴らしかったです。リリースされたらぜひ飲んでみて下さい!
9 Apr 2014-1

3.モンテッキアはヴェネト州パドバにあるワイナリーで、地味ながらローカル色溢れるワインを造っています。また、このエリアのモスカートジャッロから作る、甘口と甘口の発泡酒(フィオールダランチョを名乗るもの)はイタリアでもかなり良いものに数えられています。 エリア的には知名度も有りませんし、ワインもハーバルな赤が多く、なかなか売るには難しいのですが、面白い地葡萄も有りますので、今後は注目をしても良いかと思います。  14種のワインを試飲しましたが、カルメネール2010年、メルロ・カベルネのブレンドワイン2種、ひじょうに良かったです。
9 Apr 2014-39 Apr 2014-8

4.バディアディモローナは、私が古くからエージェントをしているワイナリーの1つで、お付き合いも15年以上です。その間、マイナーチェンジ的なラベル変更は有りましたが、今年から全てのワインラベルをモデルチェンジしています! オーナーはジェノバの貴族・ガスリーニ家なのですが、彼らが所有している国宝級のお宝画像が、それぞれのモチーフになっていますが、やはり金持ちはやることが違います・・・(苦笑)。 特に良かったワイン、白のフェルチャイオ2013と赤のタネート2011でした。やはり、ここでも2011年ヴィンテージの良さが光っていましたよ! 
9 Apr 2014-29 Apr 2014-7

5.ファイへも2日名も顔出しですが、ヴァルテッリーナSPの畑違いを試飲しました。グリチネ・カモレイ・カルテリアの2011年です。まぁ、ワインはどれも完成度が高く、美味しいです! 残念なのは日本で畑違いの飲み比べが出来なことでしょうか・・・。

6.ヴィッラディコルロはランブルスコの優良な生産者です。ランブルスコは本当に良いのですが、今回はカベルネソービニョンから作られるベッラヴィータ2010年が良かったです。樹齢が若い葡萄から作るそうですが、バランスが良くてフルーティ、青さが無かったです。ランブルスコももう少し日本で伸びてほしいワインです。
9 Apr 2014-6

7.マッシモ・アレッサンドリ、初めてのブース訪問、ワインも初試飲です。彼とはヴィエディロマンスのブースで知り合いとなり、リグーリア州のワイナリーとは仕事をしていないので、ダメ元で行ったのですが、ワインはかなり美味しくて驚きました! 現オーナーのマッシモですが、家業が代々飲食経営で自分のレストランで使うワインの選定しているうちに、ヴィエディロマンスのワインを知り、ワインがあまりにも美味しくて、ジャンフランコと親交を結んだそうです。それから、家族で所有している葡萄畑をジャンフランコの指導で徐々に変えて行き、出来上がるワインの質が飛躍的に向上した、と、言ってました。 

白ブドウはヴェルメンティーノ・ピガート・ヴィオニエ・ロッサーヌを、赤ブドウはガルナッチャ・シラー・メルロ・カベルネ、を作っています。 まぁ、ここのワインは別の機会に詳しくお知らせが出来ると思っています。 試飲をしたのは6種類、ヴェルメンティーノ、ピガート2種、ブレンドの白、ガルナッチャ、赤のブレンド、です。 ピガートの古木から作る白2013年、赤のブレンド2011年(シラーとガルナッチャ)、驚くほど美味しいです!!
9 Apr 2014-5

以上、ヴィニタリー4日間の試飲レポートを終わりますが、最後の画像はカルチナイアのブースで食せる、イタリア最高のトリッパです!
9 Apr 2014-4

これを作るのはセリオ翁の奥さんのイザです。彼女は生粋のフォオレンティーナ(そして貴族)ですから、家族伝来の調理法でヴィニタリーの前に仕込み会場へ持参してくれます。 これを食べたら大抵のレストランで食するトリッパが、今一つなのを実感出来ます…!! さて、来年のヴィニタリーで、このトリッパを食することの出来る、日本人が居るのでしょうか。。。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

ヴィニタリー3日目 パート2

前回の続きで3日目の後半です! トスカーナとピエモンテはパビリオン続きになっていて移動は楽なのですが、来場者数がかなり多くて、通路を歩くのが本当に大変です。近年はシチリアやアルトアディジェなど、来場者が大幅増している州もありますが、やはりイタリアのワイン生産地を代表するのは、トスカーナとピエモンテですよね!!

6. サンファビアーノカルチナイア(トスカーナ)
7. ラ・フォルトゥーナ(トスカーナ)
8. サンジェルバジオ(トスカーナ)
9. ヴィッラピッロ(トスカーナ)
9. ペッケニーノ(ピエモンテ)
10. スカリオラ(ピエモンテ)

6.カルチナイアのブースへは、オーナー夫妻やスタッフとの親交の深さもあり、ほぼ毎日、顔出しします(美味しいものも食べられるので・・・笑)。 私がエージェントを務めるワイナリーでも、セリエAのユベントスみたいな位置づけなんですよ!ワインの品質、会社の経営方針、ワイナリーの立地、どれも超一流の看板を付けても、誰も文句は言わないと思います。

チェルビオーロビアンコ2011は、ソービニョンとシャルドネが50%とブレンド比率がかなり変わっています。トロピカルフルーツのニュアンスが強く、南イタリアの白っぽいです(笑)。ボリューミィで綺麗なワインでしょうか。 キャンティクラシコ2011、チェッロレ2010、の2つのキャンクラは、本当にレベルが高いです。チェッロレは今回のヴィニタリーのベスト赤ワインの1つですし、ベースの11年も相当に美味しいです。私は早くグランセレチオーネのラベルが付いたチェッロレを日本で飲みたいです・・・。 カベルネソービニョン2010とチェルビオーロロッソ2008は、現状では(おそらく)カベルネ由来のタニックな部分が強く出ていて要熟成と判断しています。これがこなれるまで、5年くらいは掛かるでしょうか。。。 とにかく、今年もカルチナイア、素晴らしかったです!!
8 Apr 2014 2-100
金枠も素晴らしい”グランセレチーネ” 高級感満載・・・!!

7.ラ・フォルトゥーナ、ワイナリーには誠に申し訳なかったのですが、数年ぶりの会場訪問となりました。ワインも新しい物が有ったり、息子が結婚していたり、と、色々なニュースを聞きました!アンジェロ、おめでとう!! ここはマニュウスと言う新しいワインが、白と赤でリリースされていました。白はヴィオニエの樽醗酵・熟成、シチリアのシャルドネ的なイメージなワインで果実味が強く、面白いワインでした。赤はサンジョベ、カベソ、プティヴェルド、のブレンドです。 ロッソとブルネッロ、変わらずに綺麗で良い造りです。特にブルネッロの2008年は素晴らしかったです。

8.サンジェルバジオは3月にも来日をしておりましたし、簡単な試飲とお話で終わりました。来日後、暫くしてからのドイツの試飲会で体調不良になったらしく、ルカにも気を付けて貰いたいです。

9.ペッケニーノですが、彼も新しいワインを造っています。それがなんと、ピノネロでした!もちろん、初リリース(3000本生産)でヴィンテージ2012年、ひじょうにフレッシュでピノらしいイチゴ感が満載でした。オルランドは少し酸が足りない、と、言っていましたが、私には十分美味しかったです・・・! これは6月からのリリースだそうで、日本に登場するとしても秋以降になりますね。まぁ、時期的には丁度良いかと思ますし、少し熟成をした方が良いワインです。 ドルチェットの3種とバローロの2種は、ひじょうに良かったです。このレベルになると、まぁ、安定をした美味しいワインが毎年リリースされますから安心です。 これは個人的な意見ですが、私が近年(この2-3年内)で飲んだ数々のバローロの中で、ペッケニーノが造っている、画像にもある2つのバローロですが、本当に素晴らしいと思っています。 これは自分で仕事をしていることを差し引いても美味しいです。 最近はネッビオーロベースの良いワインを飲む機会にも恵まれて、有名なワインも何種類も飲んでいますが、モンフォルテにあるコステはの畑は素晴らしいと思います。これを読まれた方、ぜひお試しください!!
8 Apr 2014 2-200

10.スカリオラでは10種のワインを試飲しました。スプマンテ2つ、バルベーラ3種、ブレンド1種、モスカート2種、甘口2種です。 この蔵のヴォロ・ディ・ファルファッレと言うモスカートダスティは、私が扱っている甘口ものでは、トップクラスの質を持っています。毎年、ひじょうに美味しいです!また、ベースのバルベーラのフレム、ブレンドのアゾード、この2種が良かった! この蔵はもう少し私も頑張って、市場へと広めないといけませんなぁ・・・。
8 Apr 2014 2-400 8 Apr 2014 2-300
左はブレンドのアゾード、右がヴォロディファルファッレ

と言う事で、3日目も終わりましたが、こうして自分のノートを読み返していると、「真剣に試飲をするのは、本当に大変だな」と思います・・・(@_@)   次は最終日ですね。。。



Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

ヴィニタリー3日目 パート1

久々の更新になりますが、5月8日から18日まで、カンティーナディボルザーノの来日イベントで時間を全て取られておりました。 これからも気長にやるつもりですので、適当に宜しくお願いします。

3日目は比較的時間が取れましたが、訪問するワイナリーの数は多いですから、気が休まる訳では有りません。。。3日目に訪ねたワイナリーは次の通りです。この日も試飲に次ぐ試飲です・・・!!  パート1では、最初の5軒のワイナリーの感想を書いておきます。

1. テヌータシリオ(シチリア)
2. チロビオンディ(シチリア)
3. ポッジョアモレッリ(トスカーナ)
4. ドンバッコ(ヴェネト)
5. コルティフィガレット(ヴェネト)
6. サンファビアーノカルチナイア(トスカーナ)
7. ラ・フォルトゥーナ(トスカーナ)
8. サンジェルバジオ(トスカーナ)
9. ヴィッラピッロ(トスカーナ)
9. ペッケニーノ(ピエモンテ)
10. スカリオラ(ピエモンテ)

1.テヌータシリオは、エトナで生まれ育った家族が代々ブドウ栽培をワイン造りをしています。公式の記録でも1815年からですから、来年で100年目を迎えます。 近年、シチリア以外の資本が入ることの多いこのエリアで、これだけ長い間続いている家族も、今では珍しいことでしょう! このワイナリーのトップキュベである「アルタクォータ」ですが、このワインに惚れ込んでこちらのワイナリーの扱いを決めたほど、素晴らしいワインをリリースしています。 今年新しくリリースするワインで、ひじょうに良かったのは「1815」とワインに表記をしているエトナロッソ2011年とビアンコ2012年です! 赤はひじょうにエレガントでキレイなワインに仕上がり、白はミネラル質に蜂蜜のニュアンスが入り、かなり美味しく感じます。ぜひ、お試しください!!
8 Apr 2014-100

2.チロビオンディ、こちらもエトナでワインを造っていますが、シリオ同様に歴史はひじょうに古く、エトナでも最も古いカンティーナの1つに数えられています。 現オーナーのチロは、元々はミラノで設計の仕事をしておりましたが、故郷に帰る事を決めてエトナに戻ってきました。よって、今のスタイルになったのは2000年代に入ってからですので、ワインとしては新しいエトナのワインと言えるでしょうか。。。 所有している畑も小さく、生産本数も僅少、各クリュ名を名乗っているワインのクオリティはひじょうに高いです。 今回のヴィニタリーで試飲したワインは、まだバレルサンプルで評価を出すのは難しいのですが、チステルナフオリと名乗るエトナロッソ2012年はポンテシャルが素晴らしかったです!!

3.ポッジョアモレッリと4.トンバッコは共同出展をしています。3.はキャンティクラシコを作り、4.はプロセッコをはじめとして、数多くのワインを造っています。 アモレッリはリセルバ2011年が、トンバッコではソービニョンがなぜか美味しかったです。

4.コルティフィガレットですが、相変わらず素晴らしいワインをリリースしておりました!やはり、ここのリパッソは素晴らしく、試飲をした2012年ヴィンテージは、オーナー・マウロ氏が「過去最高の出来栄え」と言っていたほどです。いやぁ、美味しいです!!
8 Apr 2014-200

5.カルチナイアですが、グランセレチオーネレンジから、初リリースするチェッロレ2010年が抜群に良かったです! 今年のヴィニタリーのトップと言っても良いほどのレベルで、将来性を含めて最高のヴィンテージと言われている2001年に近くなる可能性も秘めております。 もちろん、全てのワインで良い出来でしたが、今年はチェッロレ2010年で決まりです!!
8 Apr 2014-300


以上、3日目の半分ですが、フィガレットのリパッソとカルチナイアのチェッロレ、ぜひお試しください!!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

ヴィニタリー2日目 パート2

それでは前回の続きで、2日目後半のワイナリー9軒についての感想です。  

11. ピエロマンチーニ
12. ジェルマノエットレ
13. グアルドデルレ
14. テヌータディギッザーノ
15. ドゥエマニ
16. テヌータディヴァルジャーノ
17. ポッジョピアノ
18. レコルティ
19. マッキオレ

11.のピエロ・マンチーニ、サルディニアの北部・ガッルーラの名門ワイナリーと言えるでしょうか。 所有する畑も大きく、コストパフォーマンスに秀でる美味しいヴェルメンティーノを作っています。13年ヴィンテージでも安定した味わい、このワイン、魚介料理には最高です!

12.ジェルマノエットレ、ここはワインの種類が多いのですが、時間の都合でモトックス扱いのワインのみの試飲となりました。白のブレンドワイン・ビネル2012年、バローロベースとクリュのチェレッタ、ともに2010年ですが、ワインのレベルは非常に高いです。10年は雨が多く、タンニンの熟成が今一つと言われるヴィンテージですが、セルジオはバランスよくワインを仕上げています。 凝縮度はそれほど強く有りませんが、その分、飲み頃が早く来る感じです。 このはリースリングのヘルツと言うワインが素晴らしいのですが、生産本数も限られており、なかなか輸入まで運ぶことが出来ません。 いつかは日本市場へと紹介したいワインですが。。。
8 Apr 2014-1

13.グアルドデルレ、モトックスではベースとして考えられる2種の扱いが有ります。ヴェルメンティーノのヴァレンティーナ、赤はエリゼオロッソ。13年のヴァレは凝縮度が高、スヴェレートらしい果実味が有ります。また、ロッソ12年、素晴らしいワインです。

14.ギッザーノは11年ヴィンテージの両クリュ(ヴェネローゾとナンブロ)の出来が素晴らしいです。基本的にこの蔵は、パワフルなワインを造りますので、ヴィニタリーでの判断が難しいワイナリーの1つなのですが、2011年のこのワイン、かなりイケていました! 6000円前後のトスカーナワイン(クリュレベル)では、最良のワインの1つだと思います。
8 Apr 2014-2

15.ドゥエマニですが、ワインのスタイルが明らかに凝縮度よりも線が少し細い繊細なワインを目指している感じを受けました。11年、12年と生産量が少なく、より葡萄の選別を厳しくして、その中からエレガントなワインを造ろうとしていると思われます。特に良かったのはアルトロヴィノ12年でした。ひじょうにバランスが良く、綺麗なワインです。また、シラーから作るロゼワイン、面白いです!
8 Apr 2014-38 Apr 2014-4

16.ヴァルジャーノですが、パリストルティとテヌータの2011年はかなり良い出来栄えです! ギッザーノでも感じた通り、11年ヴィンテージの赤は美味しいものが多いです。
8 Apr 2014-5

17.ポッジョピアノ、ここでもキャンティクラシコの11年の出来栄えが秀逸です。また、セーラとトラディツォーネは10年ヴィンテージですが、11年に近いくらい良い作りです。今一度、日本市場で注目度が上がってほしいワイナリーの最有力候補と思っているのですが。。。 ワインは本当に美味しいですよ!
8 Apr 2014-6

18.コルティで良かったものは、クリュのドントマーゾの09年とマルシリアーナ08年です。 少し落ち着いた感じが出ていて、今でも十分に美味しさが分かるレベルです。ドントマーゾは10年ヴィンテージから、グランセレチオーネになるそうで、さらに期待が持てると思います。
8 Apr 2014-78 Apr 2014-8

19.マッキオレは時間の都合で表敬訪問となってしまいました、仕方ありません。。。 ワインの試飲が出来ずに残念でしたが、もう日本市場では新しいヴィンテージの販売は始まっていると思います。 

なかなか後半戦はハードでした! 若い赤ワイン・・・キツイっすよ~。。。  と言う事で、まだまだ続きます!

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。