スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

高野氏来宅

中塚邸を訪問した翌日、恵比寿ワインマートのイタリア担当・高野氏夫妻、アルトリヴェッロ社伊東社長夫妻を招いての食事会を拙宅で開催です。7月に高野氏宅に伺った御礼としてのご招待。妻が気合を入れてラザニアを作りました(画像を忘れてしまいました…涙)。

高野氏は自身のコレクションから、ジュリオフェッラーリ99年、ガヤのスペルス98年を持参してくれました。伊東夫妻は自社輸入のバルドリーノ08を。また、夫人が出身地の鹿児島名物・豚の角煮を持参。料理の数が多過ぎて、全員、かなり食べ過ぎました。画像は妻が作ったキノコ類のキッシュです。これも大好評!でした。

9 Nov 2009-1


ワインですが、私が最初の白(ノヴァチェッラのケルナー・プラエポジトゥス06年)を出しました。状態は今ひとつでしたが、しっかりとした果実味と酸味はやはりアルトアディジェの上級ワインの味わいでした。そして、ジュリオはやはり素晴しいです。イタリアの泡では間違えなく最高峰(値段も含めて)です。妻も数杯、おかわりしてました(笑)。

この間に私がセラーから熟成をしたワインを出しました。キャンティクラシコエリアのクエルチャヴァッレという蔵のアルモニアと言うワインの95年です。このワインはかなり昔にハンドキャリーをしてイタリアから持ち帰ったもの。随分とセラーに入っていましたが、状態もそこそこ良くて美味しかったです。熟成をしたサンジョベーゼを堪能出来たと思います。

次のガヤはかなり久々に飲みます、やはりガヤのワイン、自分では買えません(苦笑)。それにしても、10年経ってもワインは全然熟成をしていません。どう考えてもあと10年はこのままでしょうし、熟成をした感じで飲めるには、プラス10年は必要(これから後20年掛かる)でしょうね。こう考えると、飲み頃のスペルスは80年代前半・・・と言うことになりますかねぇ。凄いです。高野君、貴重なワインを有難うございました。

バルドリーノは軽く、味わいが深く、私の大好きなサンタマッダレーナのようです。この手のワインが市場で簡単に手に入るように、伊東社長には頑張ってもらいたいです。

9 Nov 2009-2

それにしても食べ過ぎました。10月からのムチャクチャなスケジュールを縫って、今日も美味しい料理を作ってくれた妻には御礼を言わなければなりません。有難うございました。
スポンサーサイト

Tag:料理  Trackback:1 comment:2 

Comment

TSUKA-P URL|
#mQop/nM. Edit  2009.11.14 Sat14:57
わぁッ、これまた凄いviniの数々♪ 

奥様のlasagnaは是非一度戴いてみたいものですネf(^_^;)
|-`).。oO(随分以前、機会を逃たままですしwww)

(^-^)/イェイ

TSUKA-P
Dis Cumieris URL|
#- 2009.11.15 Sun03:59
TSUKA-Pさん:

書き込み、有難うございました。
2010年、新しい年になりましたらご一緒しましょうか。
それまでに諸問題が解決していることを祈っています。

Ci Vediamo!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

gaja C

fC[??CĈ?O????EEEĂ??A??c??ł??ύ?XyAuAX[v?ǐFXoG[Vtzz?Cėx^... CTIME - 2009.11.14 16:45

プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。