スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

大晦日 年越しワイン

ディナーと共に私が選んだワインです。長君は私と同じで、キャンティクラシコが一番好きなワインだそうで、今回は特に良いヴィンテージの手持ちを厳選しました。泡と白(ピエーレ)はとっておきの1本です。左から抜栓した順番となります。

31 dic 2009 vini

1.ジュリオフェッラーリ(フェッラーリ) 1997
2.ピエーレ ソービニョン(ヴィエ ディ ロマンス) 1996
3.ピノビアンコ デッラーゴ(サンタマッダレーナ) 2008
4.ロエロロッソ プリンティ(モンキエロ カルボーネ) 1997
5.キャンティクラシコ ジョルジョプリモ(ラ マッサ) 1995
6.キャンティクラシコ カステッロディブローリオ(ブローリオ) 1997

1.はイタリア産発泡酒の最高峰、我が家の定番年越しスプマンテのジュリオフェッラーリです。思った以上に熟成したニュアンスが出ていて、発泡酒としての高級感がビシビシと伝わってきました。高級シャンパーニュも真っ青です(笑)。最近、ジュリオのヴィンテージ違いを数回飲んでいますが、この97年は特に素晴らしかったです。これは最後の手持ちでした…(涙)。

2.も最後の手持ちです。96年はジャンフランコの所で何回か飲んでいますが、どのボトルでも13年間の熟成感はそれほど有りません。まだ果実味も酸味も強いので、後10年熟成をさせても良さそうな感じです。現在、手持ちの古いものはフロールスの96年しかありませんので、これはお蔵入りです。それにしても、ジャンフランコのワイン、どの位で熟成感が出てくるのでしょうか。

3.は日本未入荷、アルトアディジェの最高峰ピノビアンコの1本です。08年なので味わいがメチャ強くて、これをブラインドでピノビアンコと当てる人は、そうは多くないでしょう。内輪ネタですが、今年の2月にサンタマッダレーナの醸造家が来日します。その際の来日記念ワインとして、このデッラーゴを輸入する計画があります(ここまで長い道のりでしたが…苦笑)。初夏には日本でもデッラーゴがお目見えすると思いますので、楽しみにしていてください。

4.はプリンティの初ヴィンテージです!個人的にはこの4.が今日は一番良かったように思えます。もうバランスが素晴らしくてメチャクチに美味しかったです。ネッビオーロはどちらかと言えば苦手な品種だけに、これだけ美味しかったネッビオーロベースも久々だと思いました。クレリコのメンティンジネストラ96年を彷彿とさせます。12年を経て少し熟成に入り始め、これから10年以上掛って素晴らしいワインへと変貌していくと確信しています。と言う事で、手持ちの残り(3本)はお蔵入りとします。飲みたい方がいれば1本は出しますが…(笑)。

5.はキャンティクラシコのジョルジョプリモです。今はIGTのワインとなり、完全な複数品種のブレンドワインへと変わってしまっています。キャンティクラシコを代表する素晴らしいワインだっただけに、この変化はひじょうに残念に思っています。14年の熟成をしていますが、いまだに酸が若々しくて驚きます。ただ、味わいとしてはだいぶ丸味を帯びてきているので、妻はこれが一番良かったと言ってました。かなり上品なフェッリーニ香(笑)があって、素晴らしかった90年代のトスカーナワインを回想させる1本でした。味わいとしては2回目のピークを迎えていると思います。あと97年、00年の2本の手持ちが有るので、数年のうちに97年は開ける予定です。

6.は97年のビッグヴィンテージですので、まだ硬さがかなり有りました。加えて、ガイオーレ特有の酸味とタンニンは顕在で、飲み頃を迎えるにはあと数年必要、と言うところです。長君はサンジュストが好きだそうなので、これはブラインドでほぼ当てていました、流石です!それにしてもポテンシャルの高い、キレイなキャンクラです。あと1本ある手持ちは5-8年は寝かせることにしたのでお蔵入り決定です。98年は2本あるので今年中に1本開けようかと思っています。

以上、3人で6本抜栓しましたが、ジュリオ以外はほぼ半分しか飲んでいません。残りはこれから1週間掛けて飲んでいく予定です。忘れなければ後日談をブログアップします(苦笑)。


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

Comment

アマ URL|いいですね~
#wZeLSEnQ Edit  2010.01.04 Mon00:37
どれも素晴らしいワイン達で素敵な年越しでしたね。
13年経っても熟成感がないピエーレ…、凄すぎます。
デッラーゴ、楽しみにしてます!
Dis cumieris URL|
#- 2010.01.04 Mon11:02
アマさん:

毎度です、今年も宜しくお願いします。

ブログを拝見しましたが、アマさんも国産で楽しまれたようですね。
生涯に一度くらいは、北海道で魚と国産ワインで年越しをしてみたいです。
その時が来ましたら、ご一緒してください。

デッラーゴ、上手く行くと良いのですが。来日イベントで頑張ります!

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。