スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ワイン所感

先日、ミケーレ宅で飲みましたワインの感想です。オルネライア、ルピカイアの2トップは、ミケーレが手持ちから出してくれました。彼はリボルノ・グロッセート、両県の農業組合長的な立場にいるので、様々な方面に顔が利きます。これらのワインも、ワイナリーから直接に貰っています、全く羨まし限りです。

10 gen 2010 007

1.オルネライア 2004
ヴィンテージも素晴らしいので、ワインの完成度は最高に近いと思います。凝縮した味わいが強くて、酸がそれほど感じられませんが、酸が無いと言うことではなく、酸を感じるにはまだ早過ぎるワインです。ファーストは果実味しか有りませんが、グラスを重ねるごとに味わいが広がります。ポテンシャルはひじょうに高いワインで、ボルドーのグランヴァンと比較しても良いと思います。ただし、値段の方もそれなりですので、懐に余裕のある方向きでしょうか(笑)。たぶん、20年は楽勝で熟成をしますので、そのための投資ならば悪くないかもしれません。とにかく、ワインは素晴らしいです。
今飲んで91点、ポテンシャル93点

2.ヴィニャアルタ 1998
コラードが同席することもあり私が持参しましたが、このボトルは12月に来伊した軽井沢・リポーゾの新井君がボルゲリのエノテカで購入をしたワインです。ひじょうにキレイな熟成をしてまして、まだ若ささえ感じられます。サンジョベーゼが熟成をした時に出てくる「大地の香り」が強く出ていて、それが余韻にまで続きます。熟成度合としては6割方ですので、あと5年-8年は行けるでしょう。セラーにはまだ数本ありますので、熟成へ向けてお蔵入りとします。
今飲んで90点、ポテンシャル90点

3.ルピカイア 2004
1.と同じレベルのワインですが、やはり凝縮度ではオルネライアには敵いません。しかし、思っていたよりもエレガントな仕上がりで、このところ飲んでいないだけに見直しました(笑)。私はセカンドのタッシナイアの方がバランスが良く、CPに優れているので好んで飲みますが、たまには上級キュベも飲んでおくべきだと感じた次第です。
今飲んで90点、ポテンシャル92点

4.モスカートダスティ ソリルキン 2007
モンキエロが作るモスカートです。作ってから3年に近いので、少し飲むのが遅いかな、と思ったのですが、味わいは全く落ちていませんでした。と言うよりも、もとまりが出ていて思った以上に美味しかったです。マスカットの甘みと香りが華やかで、酸もまだ落ちていません。この状態ならば、あと2年はくらいは置いておいても面白そうです。セラーに残っている2本、少し熟成をさせようと思います。
今飲んで87点、ポテンシャル87点

以上です。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。