スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ペドロヒメネス

私は拙著の中でドルチェワイン(甘口のワイン)に関して、そこそこのページを割いたくらいこの手のワインが好きであります。そして、イタリア物と同等に評価しているのは、スペインのアンダルシア地方ヘレスで造られるシェリーの1種、ペドロヒメネス(ブドウの品種でもあります)です。タイプとしての凝縮度のバランスでは世界最高かもしれません。当然、多くの生産者がいると思いますが、このPaston Cooperは、隣人からクリスマスプレゼントとして貰いました。

pedro ximenez

当然、通常のシェリー酒よりも格段に甘く、黒砂糖を溶かした液体の中に酸味があるようなイメージです。トスカーナで造られる極上のヴィンサント(例えばアヴィニョネージ)に近いかもしれません。ペドロヒメネスは通常に売られている物でも結構美味しくて、かなり安いのはないかと思います。2年前のスペイン旅行の際、ヘレスに2泊したのですが、その際、ゴンザレスビアス社の一般見学のツアーに参加して、色々と試飲をしました。その時に気に行ったものを2種ほど買って帰りましたが、ネクターと言う安い方は僅かに8ユーロでした。イタリアでは8ユーロで美味しい甘口のワインを買う事が出来ません…。

日本では総体的に甘口のワインが高いのですが、需要が多くなれば値段も下がるのは市場の原理です。何故、甘いもの好きな日本人に甘口ワインが広まらないのか、悩みは尽きません(苦笑)。

今回は小文字でアップしてみますが、どちらが読みやすいでしょうかね?


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:5 

Comment

湧 URL
#yA6oB2.Y Edit  2010.01.23 Sat14:20
確かに・・。当店一応甘口ワイン数種用意していたのですが、まったくオーダーされず。
アピールが足りないのは認めますが、お勧めしてもパスされます。
当店の形態では難しいのかなとあきらめております。
質が高くおいしい甘口ワインがまだまだ理解されていませんし、
そういうものは高いというイメージもあるのか・・・?

文字は私にはこちらの方が読みやすいです。
一度に目にはいるので。とくにノートPCでは。

東京は冷え込んでいます。気温も景気も。
でも熱い人たちも多い。
そちらも体を大切にして踏ん張ってくださいませ!
ブログ、楽しみに拝見しています♪
モリシー URL|初めまして
#- 2010.01.23 Sat14:24
初めまして。
イタリアワインラバーの者です。
文章が疑問形だったので、思いきってコメントします。
全く字の大きさに気付きませんでした。

最近、川頭さんのブログを偶然発見しまして、よく拝見しております。大好きなテレチッチのワインや、カタログの中の生産者の情報が、ブログの中に書いてあり、そのワインの魅力や味わいがさらに深まりました。ありがとうございます。

また新たなブログ更新楽しみにしてます。
モリシー
TSUKA-P@2代目dolce野郎 URL|
#mQop/nM. Edit  2010.01.23 Sat21:10
スペインの甘口は知りませんでした(^^ゞ

大福にveruduzzo friulanoイッてますが、何か(爆)?

何かで読んだのですが、脂っこい食事の消化を促進
させるとかでdigestivoに甘いの戴くってありましたが・・・。

そんな訳で2代目の名に恥じぬようdolceイってます(^^ゞ

(^-^)/
アマ URL|ドルチェ・ヴィーノ
#wZeLSEnQ Edit  2010.01.24 Sun04:38
私も小さいノートPCで拝見しているので、このくらいのサイズだと助かります。

あるサイトに寄せられるワインに関する質問で、実は「安くて美味しい甘口ワインを教えて」というのが多いです。どうもそういう方々には「甘口ワイン好き=ワイン初心者」と思っている方が多く、恥ずかしくてワインに詳しい人や店員さんに聞けない、聞いても高価な貴腐ワインやアイスワインをすすめられ、手が出せず諦める、ということらしいです。
ですので、需要はあるはずなんですけどね…。
Dis Cumieris URL|
#- 2010.01.24 Sun12:55
湧さま:

ご無沙汰です、お元気でしょうか。
私は実際に現場には立った事が無いので、需要が有るのか、無いのか、
はっきりとは把握できませんが、なかなか現実は厳しいものなのですね。
まぁ、イタリアでもメジャーな飲み物かと言えば、決してそうではありませんしね。
やはり、コアなドルチェワイン好きを増やした方が良さそうですね。

モリシーさま:

はじめまして、勇気ある書き込みを有難うございます(笑)。
今後もご期待に添えるように続けてまいりますので、引き続き宜しくお願いします。

TSUKAさん:

毎度です。
日本ではこの手のワインを飲める機会が限られていますので残念です。
が、少しでも普及するようにお互いにしっかりとやりましょう!
2代目、宜しくです(笑)。

アマさん:

毎度です。
工業的な甘口ワインを除いて、基本的に「安くて美味しいもの」は無いのが現実です。
思うに、この「安い」は1000円位だと思うのですが、これは100%存在しません。
まぁ、それが市場の現実と言う事ですから、何とか対策を考えなければなりません。

また、ステレオタイプ的な考えられ方も変えなければならないので、私は今後、
好きなワインは、と聞かれたら、イタリアの甘口ワインと答えるようにします!

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。