スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

アマンジャ 追記

森氏最後のサービスですから、グラスワインを結構飲みました。まぁ、量的には少なめでしたが、杯的には多いです(笑)。最初の1杯はシャンパーニュでしたが、以後、イタリアワインが続きます。

・ロエロアルネイスレチット02(モンキエロカルボーネ)
・ドゥットウン06(ヴィエディロマンス)
・キャンティクラシコ バロンコーレ00(サンジュスト)
・ロッソディパリストルティ00(ヴァルジャーノ)
・マウルス04(ヴィエディロマンス)
・バローロ メンティンジネストラ00MG(ドメニコクレリコ)
・チェルビオーロビアンコ99(サンファビアーノカルチナイア)
・チェルビオーロロッソ96(サンファビアーノカルチナイア)
・カンポチェニ07(バローネリカソリ)

記録している分はこんな感じです。チェルビオーロビアンコ・ロッソは、この日のためにイタリアより持ち帰りました。しかし・・・、ロッソは中程度のブショネ、白も微妙でした(涙)。クレリコは期待をして飲みましたが、味わいの強さだけで、まとまりが全くありません。これは熟成をさせないとダメですが、かなり先を見越した方が良いと思います。まぁ、15年はお蔵入りでしょうか。

この中で最も良かったワインは、ドゥットウン06です。物凄くパワフルな味わいで、素晴しいポテンシャルがあります。果実味の強さと酸の強さを同時に味わえる、ワインの厚みが尋常では有りません。これだけ内容の詰まった白ワイン、滅多に味わえる物ではありません。ジャンフランコがこのワインを作っている意味が分ります。まだどこかで売っているのでしょうか・・・(笑)。

それにしても、このように多種多様なグラスワインが味わえる店が無くなってしまうのは、イタリアワインラバーとしては本当に痛いです。森氏の再出発には期待をせずにはいられません!


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。