スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

モンキエロ営業 9日目(最終日)

9日間と長きに渡ったフランチェスコとの同行営業も今日が最終日です。こんな私たちには日曜も祭日もありませんです(笑)。

明日の帰国を前に、午前中にフランチェスコはイタリアで帰りを待っている2人の子供達へのオモチャ購入です。それに合わせて11時に待ち合わせ、明日の朝10:0に成田EXに乗るので、東京駅の総武線ホームまでの道案内指導。それから恵比寿へ移動です。明日の切符を買ってからランチをしましたが、彼の希望であった天麩羅屋が見当たらず蕎麦へと変更となりました。和食が大好きなフランチェスコは蕎麦も箸を使って上手に食べます。

食後、伊東社長と合流してから、恵比寿ガーデンプレイスのワインマーケット・パーティへ向かいセミナーです。20名の参加者がありました。14:00から始まったセミナーですが、さすがに慣れた感じで完璧にこなしてくれました。もちろん、妻の通訳もバッチリです。セミナー終了後は売り場に立ってワインの販売補佐。セミナー参加者の多くがワインを購入してくれましたし、一般の来店者への反応も良好です。全部で20本以上のワインが売れました!お店を後にして、一軒の営業を。その後、東中野へ移動して、ペルバッコにて打上です。

本日の打上には30名以上の参加者があり、予想以上に盛り上がりました!大阪から来てくれましたKaoritalyさん、他、旧知の方々が多数参加してくれて、モンキエロカルボーネの知名度の高さを、改めて窺い知る事が出来たように思います。18:30-22:00過ぎまで、権田シェフの料理も素晴しく、主催の山本酒店・山本氏のワインのセレクトも良かったです。昨晩の土浦に負けないセレクションで、料理とワインを堪能することが出来ました。打上終了後、スタッフを交えた2回目の打上は商店街の”むらさ来”です(苦笑)。一仕事終えた権田シェフをはじめ、助っ人の銀座タッポの大野氏、伊東社長夫妻、山本氏と新人スタッフのマッシモ君、諸事に渡り有難うございました。

店を出たのは23:30過ぎ、フランチェスコを秋葉原まで見送り、帰宅は連日の午前0時半過ぎでした。今回の営業を通して、フランチェスコのカリスマ度がひじょうに高いことを認識。これからもモンキエロカルボーネのワインには、大いに期待したく思います。明日以降、少しでも画像のアップに励みたく思いますので宜しくどうぞ!


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:3 

Comment

モリシー URL|お疲れ様です
#- 2010.03.15 Mon09:44
またまた書き込みます。帰国してからの慌ただしい日々は、ブログを通じて拝見しておりましたが、先日の銀座にての試飲会でお会いしたとき川頭さんの頬が痩けていたのには驚きました。本当にお疲れさまでした。
今回の試飲会の前からもピエモンテのロエロという個性、モンキエーロのワインの素晴らしさは感じていましたが、更に顔の見えるワインとして、親しみやすく温かみを感じるものになりました。
どのワインも生産者の方が一生懸命作っているのでしょうけど、このような試飲会の機会を設けて頂き、ワインを薦めて売る仕事をしている私にとっても、言葉に言霊が宿るような気がします。

ではまた川頭さんのブログの更新楽しみにしてます。
ではでは失礼します。
えび子 URL|
#- 2010.03.15 Mon17:04
巡業お疲れ様でございました!
コメントは初めてです。
毎日ブログ拝見させていただいておりました。
はるか北国で来日記念に1人でチェクを開けてみました(笑)
また札幌でお会いできたら嬉しいです!
Dis Cumieris URL|
#- 2010.03.16 Tue08:33
モリシーさま:

試飲会にご参加いただき、有難うございました。それほど痩せた訳では有りませんが、
多少の疲労があったと思います。私も決して若くありません(苦笑)。
生産者と直接対話が出来る機会、今後も増やせるように鋭意進めていく所存ですので
宜しくお願いします。

えび子さま:

ご無沙汰しております、お元気でしょうか。
なかなか北の大地に生産者を連れて伺えませんが、私たちは今年も伺うつもりです。
また、そちらでも宜しくお願いします。



comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。