スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2010年 ボンゴレの会

初夏にかけて毎年の恒例、横浜・金沢文庫に住む旧友・林氏宅にて開催のボンゴレの会に行って来ました。林氏とはイタリアワインを介して知り合い、もう10年以上のお付き合いです。私には当時から関係の続くイタリアワイン仲間が数多くいますが、林氏は当時としては珍しく、イタリアの白ワインに傾倒をしていました。また、料理の腕前もプロ級であります。
Sig. Hayashi
調理中の林氏。

ボンゴレの会は彼が住む金沢文庫の浜でボンゴレが取れるので、それを林氏が調理をし、仲間でワインを持ち寄るという主旨の会であります。今年はゴールデンウィーク中の会となり、いつも集まる仲間も日程が合わない人が多く、私と大倉氏、清水氏のご家族、と3組だけの集まりとなりました。例年よりも少ないですが、料理を作る側としては、これくらいの人数が作り易い、との事です。家庭の台所を使って10人以上の料理を作るのは、本当にキツイですからね(苦笑)。いつもご苦労をお掛けします。

午後3時過ぎから始った会は、林氏が料理を作りながら、ワインを飲みながら、で終わったは9時過ぎでした。それにしても毎年、素晴しい料理を作ってくれます。また、八景島シーパラの花火を見ることも出来ました。天気もひじょうに良く、美味しい食事とワインでのんびりと過ごす日本の休日でした!

料理はドルチェを含めると10皿!でしたが、以下、キレイに撮れた料理の一部画像です。
anti-1.jpg
静岡産フルーツトマトのカッペリーニ
primo-1.jpg
八景島・海の公園産ボンゴレビアンコ、九条ねぎ・筍
primo-2.jpg
バルバレスコで煮込んだ山形牛のラグー・リングアディスオッチェロ
second-1.jpg
佐島産鱸のロースト
second-2.jpg
花巻産白金豚のロースト

そして、抜栓をしたワインは次の通りです。
1.ブランデセルス05 (カサータ モンフォルト)
2.イルフィオーレ08 (ブライダ)

vino-1.jpg
3.ペティルージュ ヴィニャプラン07 (ディディエール ジェルベッレ)
大倉氏がアオスタから持参された物です。私の知るアオスタの同じ品種のワインよりはずっと強い味わいでした。ミディアムボディ、タンニンも強くは無い、エレガンスがあるワインです。
vino-2.jpg
4.キアランダデルメルロ95 (ドンナフガータ)
15年経ってやっと落ち着いてきましたが、それでも強めの果実味があり驚きです。一方でまだ酸もしっかりで、これからも熟成をしそうな感じでした。良かったです。
vino-3.jpg
5.サンジョベーゼ99 (チーマ)
これは私が持参しましたが、イタリアからかなり以前に持ち帰りました。11年の熟成、香りと味わいの質は良かったのですが、余韻に少し違和感があり残念。少し熱劣化していたでしょうか、タンニンが硬く、少し苦味がありました。
vino-4.jpg
6.ヴィゴレッロ82 (サンフェリーチェ)
28年も熟成をしていますが、未だに若さを感じさせる酸と果実味。本ボトルは素晴しいパフォーマンスでした。これだけ美味しいオールドも、当るのは稀です。本当の意味でのスーパータスカンでしょう、やはり80年代のトスカーナは凄いワインが有りました。本当に美味しかったです。
vino-5.jpg
7.トルコラート86 (マクラン)
24年の熟成ですが、その年月を感じさせない若さがあります。あと10年は楽勝です。やはりドルチェワイン、凄いです。

林さん、最後までお疲れ様でした。まぁ、ワインも含めて素晴しい内容でした!また来年も宜しくお願いします(笑)!


スポンサーサイト

Tag:料理  Trackback:0 comment:2 

Comment

Percarlo URL
#JMfIAg8g Edit  2010.05.04 Tue13:19
今年も長丁場でお疲れ様でした。久々にのんびりできました?失礼が多々あったかと思いますがご容赦ください…笑)。
来年は10執念?になりますがまたよろしくお願いいたします。
Dis Cumieris URL|
#- 2010.05.05 Wed04:32
こちらこそ、毎年有難うございます。
また、別宴でお会いできればと思います。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。