スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

東中野 ペルバッコ

11日、久々に権田シェフの料理を食べに行きました。ニューオータニ・石心亭の村本氏と、氏の友人で今年2月にイタリアワインの輸入元を立ち上げた2名とご一緒です。この輸入元の名前も”ペルバッコ”です(笑)。ワインはまだ3蔵だけの扱いですが、これからも発展を遂げてもらいたく思います。今日は良いワインを飲みましたので、ワインの画像を先にします。

11 maggio 2010-4
1.プロセッコNV (レ マンザーネ)
2.シャルドネサルト06 (エステノイエ)
3.ランゲネッビオーロ レグレット02 (モンキエロカルボーネ)
4.メルロ98 (ヴィッラピッロ)

権田シェフ、基本はどんなワインでも熟成をしているものを好まれるので、少し古いヴィンテージワインを、絶品の料理と共に楽しむことが出来ます。この中では個人的にレグレット02が良かったです。バッドヴィンテージの代表みたいに言われる02年ですが、実際、美味しいワインに当る確率が03年(世紀のヴィンテージと言われた)よりも高い事は知っておかなければなりません(もちろん、優良な造り手に限りです)。落ち着き始めたネッビオーロの酸味がひじょうに心地良いです。また、メルロは12年経っていますが、まだまだ強さを保っている味わいですので、メルロらしい果実味と少し熟成をしたニュアンスの両方を楽しめます。ペルバッコに来られたら、是非、権田シェフとワインの相談をしてください。

料理は前菜からメインまで頂きましたが、画像は以下の通りです。
11 maggio 2010-3
サクラエビとインゲンのタリオリーニ(手打ち):絶品!
11 maggio 2010-1
ハツとレバー
11 maggio 2010-2
牛ホホ肉の煮込み

相変わらず料理は絶品です!サクラエビのタリオリーニのパスタは、その場打っています。パスタの塩加減、ソースの味付け、まさに絶妙な塩梅です。また、内臓系の焼き物、素晴しいです。状態が良い古めのヴィンテージ、素晴しい料理の数々、これで1万円弱でしたから、私はCPは高いと考えます。
スポンサーサイト

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。