スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

京都・岡崎 京、静華

今日から少しずつですが、帰国中に訪問をしたレストランのブログアップをして行こうかと思います。まずは5月19日に伺った平安神宮に程近い中華です。私が懇意にしている先輩ご夫婦(お2人とも京都の方です)に紹介していただきました。

料理はバランスの取れた繊細な味わいです。イメージする典型的な中華料理ではなく、中華の味付けをベースにして、素材の妙を楽しむ「和食」に近い感じでしょうか。1皿の量も少なめですから、コースの最後まで気持ちよく食事が出来ます。

まずは前菜、画像のように小皿に仕様を凝らした料理が並びます。
19 Mag 2010-1

そして、この時期の旬・稚鮎(琵琶湖産)です。これは絶妙な味わいでした。
19 Mag 2010-2

次に鮑とアスパラ・ソラマメの炒め物。中華饅と一緒に食すアイデア料理でしょうか。鮑の肝、絶品です。
19 Mag 2010-3

メインは豚の煮込み、これは中華らしい一品です。ラー油が強調されていますが、決して辛くないです。
19 Mag 2010-4

食事はチャーハン、坦々麺から選べます。当然、両方とも頼みました。チャーハンはトマトの酸味が良かった。
坦々麺は山椒が無いタイプなので、これも辛くは無いです。
19 Mag 2010-5
19 Mag 2010-6

デザートは絶品の杏仁豆腐、当日のブログにも書きましたが、本当に美味しいです!これを食べに行く、というご夫妻の気持ちが分ります。
19 Mag 2010-7

ワインも数種有りましたが、基本フランスなので当家的にはNGでした。私たちが頼んだロワールのソービニョンは状態も今ひとつ、少し料理のレベルとワインが異なります。ここではワインは外した方が良いか、もしくは、常連とまでは行けないでしょうが、馴染になってイタリアワインの持込をしたく思います。次回は紹介をして頂いたご夫妻と一緒に、イタリアワインの持込で行きたいと思います!

最後は私たちのテーブル脇に飾ってあったカーネーションの画像です。サービスをしてくれた奥様のセンスの良さを垣間見ることが出来ます。
19 Mag 2010-8
スポンサーサイト

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。