スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

サンジェルバジオ ヴィンサント2001

4月2日、サンジェルバジオのオーナー・ルカ=トマジーニ氏と一緒に食事をした際(ピッツァを食べた時)に、抜栓をしたヴィンサント。3ヶ月後の最後の残りがグラス1杯分ありました。どれほどシェリーに近くなっているかと思って飲んでみると、ヴィンサントとして完全に生きていました!驚きであります。

2 Lug 2010 001

元々、ヴィンサントが長熟、かつ、酸化に強い(ある意味、初めから酸化をしているので)事は分かっていましたが、抜栓後の3ヶ月間常温で変化がそれほど大きくない事にビックリです。サンジェルバジオでは95年からヴィンサントを作っていますが、やはり2001年、これまでで最高の出来栄えだと思います。

瓶熟成を待っていたら、たぶん、寿命が足りないでしょう(笑)。が、手持ちの数本はこのまま熟成をさせたく思います。まずは還暦を迎えたら1本開けてみようかな・・・。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:2 

Comment

kaoritaly URL|ヴィンサント!
#NpTEs2UM Edit  2010.07.04 Sun03:33
Ciao!
イタリアも暑いんですね~。大阪は蒸し暑くてうだってますが・・。

レチナイオは以前、アマンジャでいただいた事がありますが、美味しいですねぇ~。
瓶にサインをもらったのはもう早、1年半ほど前ですね・・。

で、3ヵ月後の1杯がヴィンサントとして生きている・・という経験をされたわけですが、約2年前にうちでMさんの持ってきたソーテルヌとグラン・ア・グランを飲み比べたこと、覚えてますか!?
あれ、実は年末に(という事は丸4ヶ月)残りを恐る恐る飲んでみたら・・!!全然、生きてました。
しかもリビングに放置していたんです。。。

ということで、扱っておられるワインの質の高さは、折り紙付ですね!って言いたかったのでした(笑)
いま、ソリルキン・モスカート・パッシートを放置中です。どうなるんでしょうか・・。
Dis Cumieris URL|
#- 2010.07.06 Tue15:11
Kaoritaly様:

書き込み、有難うございました。

そんなことも有りましたか(笑)、グランはうっすらと覚えていますが、
ソーテルヌはすっかりと記憶から消えております。

たぶん、ソリルキンも問題なく飲めることと思います、ご一緒出来れば
嬉しいのですが。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。