スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

久々のホームパーティ -ワイン-

23 Ago 2010-2 001

先日のパーティで抜栓したワインです。6人で4本ですから、日本で飲む時と比べると少ないです(笑)。まぁ、年齢層が高かったから仕方ありません。また、イタリア人の女性は飲む量が格段に少ないです。1種類をグラスで1杯飲むか、飲まないか、と言う感じです。それを考えると、私の知っている日本の女性達は本当によく飲みます(笑)。

1.オルトレポのスプマンテです。シャルマンではなくてメトドクラシコ、ピノネロをロゼで仕上げた逸品です。少し果実味が強めで、私の大好きなタイプであります。泡も細かくバランスが良い飲み口でした。残りも翌日までキレイに持ち越せました。蔵出しは意外と安いので価格を考えるとCPが非常に高いです。

2.サルディニア・サンタディのカラシレンテ08です。サルディニア産のヴェルメンティーノでは、私が最も好きなワインの1つです。味わい的には大分落ち着いてきました。現状で感じる部分は、例年以上に果実味が強くて、アルコールをかなり感じます。味わいのパワフルさに比べて酸が少し低いので、あと数年でピークを迎えると思います。

3.フリウリ・ヴィエディロマンスのデッシミス06です。少し熟成をしたのか金色の強さが凄いです。香り・味わい、余韻、かなりのレベルにあると思います。味わいとしては熟成感はゼロに近く、糖度をかなり感じます。香りの開きは十分ですが、まだまだ熟成が必要なワイン。それでも流石の美味しさが有って、飲まない女性陣も2杯以上飲んでいました。まだ数本の在庫が有るので、最低でも5年はホールドして、次のボトルを開けてみようかと思います。念のため、近いうちに04年あたりボトルを開けてみようかと思いました。

4.ピエモンテ・スカリオラのモスカートダスティ・ヴォロディファルファッラ09です。私の中ではモスカートトップ3の1つです。味わいのバランスが特に優れていて、全く飲み飽きません。デザートのヨーグルトケーキに合わせましたが、全部無くなったのはこのワインだけでした(笑)。

5.ロンバルディア州ヴァルテッリーナのアマーロです。ブラウリオ社のリセルバ99です。薬草酒のイメージが強いアマーロですが、このヴィンテージ入りは格段に美味しいです。少し甘味が強いので、女性陣からも好評でした。

次回のホームパーティで何を開けようか、今から楽しみであります。


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。