スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Antica Osteria Milork (アンティカ オステリア ミロルク)

スイス・ルガノからヴェネト・コネリアーノへ移動、レ・マンザーネのオーナー夫妻と会食しました。まずはコネリアーノのチェントロでアペリティボを。コネリアーノ、初めて行きましたが中世の趣のあるキレイな街でした。ヴェネチア王国の雰囲気があり(まぁ、当然ですが)、過去に訪ねた街ではフリウリ・ウディネに似ています。

チェントロのバールでプロセッコを1本空け(笑)、車で30分ほど離れたネルヴェセ・デッラ・バッタリアと言う街の”アンティカ・オステリア・ミロルク”へ行きました。この街周辺・ピアヴェエリアは第2次世界大戦の際、ドイツとイタリアがかなり大きな交戦をした場所だそうで、今でも戦死者の骨などが埋まっているそうです。

このレストラン、1880年から営業を続けているようです。店内は昔のオステリアそのまま、非常に懐かしい雰囲気がありました。エルネストは「この店のトリテッリとトリッパはヴェネトで一番美味しい!」とのこと。トリッパと言えば、フィレンツェが有名ですし、私もトスカーナ住んで11年、それなりにトリッパは食べてきましたが、トスカーナと比べても引けを取らないレベルでした。

まず前菜にヴェネトのサラミを頼み、そしてプリモのトリテリッリです。結構1つが大きかったですが、抜群の味付けでした。メインのトリッパですが、丁寧な仕込み(臭みゼロ)、味付けは塩分が控えめ(さすがにトスカーナではありません)、軽くトマトの味付けをしています。一皿山盛、完食です!ワインはもちろん、マンザーネのプロセッコです。
7 Gen 2011-2
7 Gen 2011-3
7 Gen 2011-1

ヴェネト州は方言が多彩で、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、それぞれに方言があり、トレヴィゾエリアも方言があります。店にいる地元の人の会話(特に年配者)は、私は全く理解出来ません。ヴィチェンツァ出身の妻も分りません。まぁ、それもイタリアらしいことなのでしょうか(笑)。普通の観光旅行で日本人がこのエリアに来ることは無いでしょうが、もし、トレヴィゾエリアに足を運ぶ機会があれば、この店を訪ねて下さい!


スポンサーサイト

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。