スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

半蔵門・エノテカドーロにて

2011年の年明け、最初の盟友とのワイン会に呼ばれました。ボンゴレの会主催者であるH氏の仕切りで、写真家・所氏、盟友M氏、H氏のご友人が3名の総勢7名です。今回のワインは次の通りです。

泡1本: プロゼオ(レ・マンザーネ)
白4本: ピノグリージョ08・ピノグリージョ・ダル08(ともにテルチッチ)、ジローネ98、キスラーヴィンヤード06
赤3本: シャルムシャンベルタン05(パカレ)、ペルカルロ91・94
甘口1: ピコリット98(ピギン)

凄いラインナップが9本も空っぽです。量的には少し飲みすぎでしょうが、大して酔いませんでした。やはり、上質なワインは不純な要素が無いからでしょうね、とても美味しかったです。今回、参加された方がツイッターでワインの実況をされましたが(笑)、フォローをしている方が多いようで、私の知人からも帰宅後メールが入ってました。情報の伝達網、理解の範疇を越えております。
27 Gen 2011 014
27 Gen 2011 011
定番のプロゼオに始まり、当日の午後、アルトリヴェッロ社の試飲会で使っていたテルチッチのピノグリージョ2種類はひじょうにパワフルで美味しいワインでした。特にクリュとして初リリースのダル08、本当に良いワインです。10年以上経っても力強さが全く衰えないジローネ(恐るべし)、カリフォルニアの最高峰の一つ・キスラーヴィンヤード、私キスラー自体、初めて飲みましたが、噂通りにかなり美味しかったです(Sさん、有難うございました)。

赤のパカレは香りは抜栓後から開き目で、素晴らしい芳香が漂っていました。タンニンのまとまりがなく、もちろん時期的には少し早いのでしょうが、私的には今で良いです。熟成を待っていたらお爺さんになりそうです(所さん、有難うございました)。そして、2つのペルカルロ、所謂ヴィンテージ的にはオフですが素晴らしかった!個人的には少し強さの残っていた94が良かったのですが、91もまだ数年は熟成させることが出来そうなポテンシャルでした(H氏、M氏、有難うございました)。

最後のピコリット、フルボトルだったのでまだまだ熟成感はありませんが、口当たりは良くなっていると思います。やっぱりドルチェワイン、止められません。。。

27 Gen 2011 008
烏賊とアーティチョークの煮込み
27 Gen 2011 009
ウサギとラディッキオのグリル
27 Gen 2011 010
鴨のロースト

料理の方、佐藤シェフのお任せで作ってもらいましたが、定番の料理を含めてかなり進歩の跡が見られました。麹町のディヴィノ・半蔵門のエノテカドーロと2軒の素晴らしいイタリアンが隣接しているので、どちらに行こうか迷ってしまいます(笑)。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:3 

Comment

TSUKA-P URL|
#mQop/nM. Edit  2011.01.28 Fri13:53
凄かったようですね。
Dis Cumieris URL|
#- 2011.01.29 Sat02:03
ツカさん:

機会がありましたら、近々にご一緒しましょう!
外道30 URL|
#- 2011.01.30 Sun03:49
ご無沙汰しています。
twitterで実況中継拝見しました(笑)
お時間あれば是非ともご一緒しましょう!

気取らないカウンターのみの王道イタリアンが西荻窪にありますよ!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。