スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Tenuta di Valgiano

昨日、ルッカ郊外のヴァルジャーノを訪問してきました。しっかりと時間を取ってゆっくりとワイナリーへ行くのも久々です。天気も良くて素晴らしい日に訪問出来ました。

まぁ、10年以上のお付き合いですからワイナリーの事は殆ど知ってますので、お互いの近況報告と言ったところでしょうか。この数年来、私も実感していますがヴァルジャーノのワインは品質の向上が目覚ましく、ドゥエマニもそうですが「ビオデナミ」の効果が表れて来ていると思わずにはいられません。

醸造家・サヴェリオの話でもビオデナミを始めてから10年が経過して、出来あがってくる葡萄の房に変化が有ったそうです。葡萄の房がコンパクトに固まらず、粒と粒の間に隙間が出来て空気が通り易く、その結果、黴が生えにくくなっている、と言ってました。また、木全体の成長がキレイで手入れもしやすくなったそうです。私は”自然派”を信奉している訳ではありませんが、このように目に見える効果があると、やはり違うのかなと思います。
30 Maggio 2011 050

新しいニュースでは、ヴァルジャーノで蜂蜜を作り始めました。もちろん、有機の蜂蜜で味わいが濃くて美味しさ満載です。現状、日本での入手は不可能に近いですが、何時かは輸入されればと思います。
30 Maggio 2011 027

遅めのランチはサヴェリオとオーナー・モレーノと4人で。ヴィッラのお庭で優雅なお食事です。ワインの方はこれも日本未入荷の”Tenuta di Valgiano Bianco 2007”、そして、パリストルティロッソ2009です。ビアンコ07は少し醸しをしたヴェルメンティーノ樽熟をブレンドに使っているレアアイテムです。07年は900本作り完売しており、次ヴィンテージは09年となりこちらは600本だけ作っています。イタリアでも見つけるの、難しいでしょう。
30 Maggio 2011 069
左・サヴェリオ、右・モレーノ
30 Maggio 2011 067

最後にモレーノがビックリするようなものを持ってきました。ヴァルジャーノのヴィンサント、ヴィンテージはなと1994年です。たぶん赤ブドウもブレンドしている「オッキオディペルニーチェ」のタイプでしょう、17年の熟成をしていますがメチャクチャに美味しかったです!サンジュスト系の甘さと酸味のバランスが良い、長熟型のヴィンサントでした。
30 Maggio 2011 071

私がヴァルジャーノに初めて行ったのは98年ですが、13年経って本当に成熟をした素晴らしいワイナリーへと変貌を遂げています。これからのヴァルジャーノのワイン、更なる期待を持って自分でも扱っていきたいと思います。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:1 

Comment

てりぃ~ URL|☆⌒(*^-°)v Ciao!!
#- 2011.06.06 Mon05:52
良いね♪

行きたいです♪

てりぃ~
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。