スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ヴィニタリー 初日  パート1

本日からヴィニタリーで試飲をしたワインの事を順次書いてい行きます。今年から期間が5日間から4日間へと一日少なくなりましたので時間の制約がキツくてとても大変でした。エージェントをしている全てのワイナリーを回る事が出来ずに本当に悪い事しました。。。

例年通り、初日はアルトリヴェッロ社の伊東社長との同行です。全てを1回でアップするのは長過ぎるので、3軒くらいに分けて書いて行きます。

1.テルチッチ(フリウリ)
・ヴィノデッリオルティ 2009

私は今年の1月にワイナリーを訪問して全てのワインを試飲しているので、試飲をしたのはこのオルティ1本だけです。フリウリの土着品種から感じられるアロマチックハーブの複雑な香りが有ります、また、繊細でキレイな酸味が楽しめるワインです。柑橘系の果実味、余韻には春野菜から感じられる苦みがあり食欲をそそります。基本的には日本市場の動向と今後の営業展開の話が中心でした。品質は非常に高いのですが、白ワインとして価格ゾーンが少し高めのため少し動きに苦戦しているワインですが、これから初夏に向けて新たな販売戦略を打ち出しました!乞うご期待、です。

2.カンティーネファッロ(カンパーニャ)
・カンピフレグレイ・ファランギーナ 2011
・カンピフレグレイ・ファランギーナチリアーテ2011
・カンピフレグレイ・デピエロゼ 2011
・カンピフレグレイ・ピエディロッソ 2011

基本的なワインの特徴はミネラル質と酸味、です。その骨格の上にどれだけの果実味が乗っているかで、その年のヴィンテージが判断出来る、ある意味、ワインの特徴を勉強するには最適なワインだと思います。そして2011年、年間んを通して気温が高かったので、しっかりとした果実味が有ります!白はほぼ完璧な出来、また、ロゼも2010年よりもフルーティです。特に良かったのはピエディロッソで、より果実味の主張が大きくなっています。基本的にタンニンが少ない品種で酸も穏やかですから飲み易く、果実味が有りますからより美味しさを感じます。イメージ的にはサンタマッダレーナ!です。これは夏に冷やして飲んでもイケマすよ。

3.テッレデマリアピア(ヴェネト)
・ビアンコディクストーザ 2011
・ルガーナ 2011
・バルドリーノ キアレット 2011
・バルドリーノ 2010
・カポロッカ 2011

毎年、ミディアムでフルーティなワインを作る小規模生産者。ガルダ湖畔の素晴らしい条件の畑を所有しています。昨年、非常に人気のあったルガーナは今年も秀逸な出来栄え!フルーティで厚みが有りとても美味しい。キアレットもチェリーやイチゴのニュアンスが豊かで、バランスよくまとまっています。バルドリーノは少し落ち着きが出ていて、新たな感動を受けます。カポロッカはミディアムながら辛口の余韻、ドライフルーツの印象があって色調からも上級なサンタマッダレーナのようなワインです。結構、好みでした。

以上、初日の3軒です。2011年の白ワインですが、全体的に果実味のボリュームがあって、酸味とのバランスは良く、かなり日本人好みの味だと思います。赤はミディアムなワインでしたが、線は細いながらこちらもバランス感が良くて飲み易いものが多かったです。

それでは今後のアップもお楽しみに!!しばらくは出張の予定が無いので少しは進められると思います。


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。