スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

前回の続きでワイン雑感。

前にアップをしたレストランで頂いたワインです。最近、ワインのアップしてません…(イタリアワインのブログなのにすいません)。上から順番に訪問したレストランで飲んだワインです。

rosso di sera 2002

カルチナイア・キャンティクラシコ2009、ポッジョピアノ・ロッソディセーラ2002、です。この数か月でカルチナイアのキャンクラはかなりの本数空けています。このヴィンテージはクリュクラスの畑に雹害が出てしまい、チェッロレをはじめチェルビオーロも醸造していません。結果、ベースのキャンクラにすべての葡萄を使いましたので、例年でも高い完成度のワインですが輪をかけて美味しくなっています。また、最近飲んでいる2009ヴィンテージのキャンクラは、美味しいものが多く、ヴィンテージとしても良いようですから、雹害され無ければと思ってしまいます。まぁ、それは自然の事ですから防ぎようがないので、カルチナイアファンとしては、素晴らしいキャンクラが出来たことを喜ぶべきでしょう。

セーラ2002はイタリアから持参したもので、オフヴィンと言われている02で、クリュクラスのワインがどのような変化をしているかを味わいたく思っていたワインです。これは思っていた以上に熟成は進んでおらず、まだパワフルと言えるほど果実味が充実し、酸もしっかりとしていました。あと5-8年はホールドし、それから抜栓をして状態を見たいです。味わい的には現状くらいがちょうど良いかも知れません。

Essence vino
エッセンスにはワインを10本持ち込み、8人で最終的には12本空けてしまいました(笑)。これはそのうちの白3本です。優しい味わいの中華でしたから、酸が効いて苦みが少し残るタイプのワインが相性的には良かったと思います。少し飲み過ぎの感も有りましたが、翌日のダメージも無く楽しいワイン会でした。

bolzano (1)
グラスで頂いたボルザーノのベースタイプのシャルドネです。私の選択基準であるバランス感に優れた、個性的ではありませんが、飲み疲れをしないワインでした。前菜からメインまでの対応力のある白ワインだと思います。

Alceo 1996
アルチェオ96年です。たしか初ヴィンテージ、リリースされた時の衝撃は今でも記憶しています。このワインはジャコモ=タキス氏が醸造をしたですが、リリースされる直前にタキス氏からこのワインの話を直接聞いていて、発売と同時に数本購入した、ひじょうに思い出深いワインの1つです。また、それだけの価値が有るワインでした。

今回は友人・S氏の個人所有物をご馳走になったのですが、それは素晴らしい香りと味わいでした!!当日の持参だったので、少しだけ澱が回ってましたので、完全な状態で飲むことが出来れば、それは素晴らしい体験が出来ることでしょう。アルチェオは96から01までの5ヴィンテージは、本当に凄いワインだと思っています。このヴィンテージなら見つけても300ユーロ以上はするでしょうから、私がホールドしているものは大切に扱いたいと思います。

さて、次は広島-小倉のブログアップを近いうちにしたいと思っています。あまり期待をしないで待っていてください…(苦笑)。。。
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。