スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2013年クリスマスを終えて…

イタリアに来てから1週間が経ちました。 日本(東京)と違って、誠に静かな日を過ごす事が出来ております…😌

昨日はイタリア人にとっては、1年で一番大切であろうクリスマスです! 今年は何処へも行かずに家で過ごす事となり、準備万端でプランツォを食べる事が出来ました。まぁ、私たち2人と猫2匹ですから、それほどな量では有りませんが、内容が充実、勿論、ワインも充実です!先ずはワインの画像から…。

25 Dic 2013 vini

とりあえず4本のセレクトですが、結局の所、この中から2本しか抜栓しておりません。左のシャンパーニュ・ローランペリのブリュットと右から2番目のカステッロ・ディ・ランポッラのヴィニャ・ダルチェオ1996です(ドンフォフ・リースリング2004とロッカベルナルダ・ピコリット2003は後日、抜栓する事にしております)。

ローランペリエ、名前は本当によく聞きますが、あまり飲んだ記憶が有りません。 飲んだ感想ですが、比較的に軽めながら果実味と酸味のバランスが良く、食前酒としては最適な感じでした。何となくですが、軽くて爽やかなシャンパーニュって、少ないですよね。 これはそのイメージ通りの物でしたが、他のキュベは違うんでしょうか。。。 

そして、アルチェオの96年は妻の希望での抜栓ですが、このワインの初ヴィンテージ、そしてガンベロロッソガイドの最初の"Rosso dell 'Anno"です(確か…)。 アルチェオに関しては、当時のランポッラの醸造家・ジャコモ=タキス氏に会った際に(98年ですかねぇ…)、本人からアルチェオ(ランポッラでのカベルネの出来上がりが凄い事)の素晴らしさを聞いていて、リリース後に即買いをしたワインです。もちろん、何本か買いましたが、これが最後の1本でした。 感想です、先ず17年熟成を経ていますが、殆ど熟成感は有りません、ビックリです! エッジもまだ大して変わっていませんし、酸化のニュアンスは皆無です。 香りは素晴らしいですが、味わいのバランスが今ひとつでした。おそらく抜栓してすぐに飲んだからだと思いますが、香りの印象よりもまとまりが有りませんから、もう少し早く抜栓をさせるか、熟成をさせるか、が、良かったと思います。 まだ残してあるので、明日以降に再度飲んでみようかと思います。 ワインのポテンシャルは凄いですから、ホールドしている97−99はまだ熟成させる事にしました。。。 

料理はこの2品です。 プリモはピーチ・鹿肉のラグー(抜群に美味しかった)、セコンドは仔山羊・脛肉のローストです。 

25 Dic 2013-primo
25 Dic 2013 secondo

プリモに使った鹿肉のラグーですが、カルチナイアのセリオ翁から貰った肉を使って、野菜と共にじっくりと煮込んだソースは絶品でした。 また、仔山羊の肉は珍しいのですが、柔らかくてミルキーな甘さがあり、こちらもひじょうに美味しかったです!二人で完食です。。。  妻は前日より、かなり気合いを入れて料理をしておりましたから、美味しいのは当然ですが、ちょっとしたレストラン並みの料理です。  本当に有難う御座いました!!

と言う事で、無事にクリスマスを過ごし、後は年末に向けて体調を整えて今年を乗り切りたく思います。

さて、本日のディナーは、マリーナディビッボーナの名店・ピネータで魚介料理です! この数日は天気がそれ程良く無かったので、美味しい素材が入っているのか、少し不安では有りますが楽しみにしております。。。

スポンサーサイト

Tag:料理  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。