スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

北イタリア・ワイナリー訪問記

久々の更新になりますが、昨晩、無事に北イタリアのワイナリー訪問を終えて無事に帰宅しました。 今回の総走行距離は1700キロ超、最終目的地のヴァッレイサルコへ行った17日ー18日は雪混じりの小雨で、路面凍結など心配をしていたのですが、気温自体は大して下がらず、全く問題なく運転をする事が出来ました。 とても良かったのですが、ノヴァチェッラの近くでスリップして3Mほどの谷に転落した車両の引き上げ(メチャクチャに破損)に出会し、雪道の恐さも再確認しました。本当に雪国の皆様は車両運転には気をつけて下さい。

今回のツアーを宿泊地で追って行きますと、ヴィットリオヴェネトーグラディスカディイソンツォーヴェローナーボルザーノーブレッサノーネ、になります。毎度、心配をするネット環境ですが、宿泊したホテルではWi-Fiがしっかりと完備されていて(それも繋がり易く)、全く問題が有りませんでした。ネット環境でのストレスフリー、初めてなような気がします! イタリアも少しは進歩をした、と思われます・・・😁

Bolzano Centro 2014
私が愛して止まない、ボルザーノのチェントロの画像です!

ワインの方は2014年にリリースされる、新しいヴィンテージの試飲が殆どでしたが、私の予想通りにまずまずの出来栄えで一安心です。日本の皆様は、今年も美味しいワインが飲めると思いますよ! 特に2013年の白ワインは、アルトアディジェでは素晴らしいい状態で、アルコール度数もそこそこ高いのですが、アルコール感をほぼ感じさせない、ひじょうにバランス感の良いワインが揃っています。 ほぼ全ての品種で良い状態でしたから、例年感じられる「今年はこれが良くなりそう」では無くて、それぞれに充実な仕上がりになると思います。

他州では、ヴェネトではソアベはかなり良い出来ですし、フリウリではフリウラーノ・リボッラなど、地葡萄の良さが際立っていたと感じております。ヴィエディロマンスは2014年に2012年のワインをリリースしますが、ディスクミエリス(マルバジア)、ヴィエリス・ソービニョン、ヴィエディロマンス・シャルドネ、の白3種と、久々リリースのメルロ・マウルス2009年が素晴らしいです! 特にマウルス、最後までジャンフランコがヴォースとして出そうか、迷っていたらしく、その意味が分かるヴィンテージです。コッリオの天使が作るメルロに非常に近いエレガンスが有りますので、リリースされたら大人買いをお勧めします!!

また、今回はアルトアディジェで新規開拓のワイナリーとして、ボルザーノから更に北東へ向かったヴァッレイサルコのワイナリーを2軒、廻ってきました。このエリアは気候的に完全に白ワインに向いており、赤葡萄の栽培がほぼゼロ(オーストリアの品種・ツヴァイゲルトのみ栽培しています)に近いと言う、特別なエリアでもあります。国産ワインで馴染み深い(特に北海道で多いのですが)ミューラートゥールガウ、ケルナー、シルバーナー、リースリング、が主要品種で、かなり上質なワインが作られています。 2014年はこのエリアのワインを、日本市場へと紹介をして行きたいと思っていますので、輸入されましたらぜひ宜しくお願いします😁

Valle Isarco 2014
17 Gen 2014-1
雪が降り積もったヴァッレイサルコの畑…美しいです😌

さて、今週でイタリア滞在も終わり、26日のフライトで帰国します。今週はワイナリー訪問の最後で、1泊2日ロンバルディア州・パヴィアのワイナリーを訪問です。最後まで事故や病気の無いように気をつけて過ごしたく思います。

スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。