スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ヴィニタリー2014 2日目

ヴィニタリーの2日目は、4日間の中で最も過密スケジュールな日、モトックスさんとの同行です。ワイナリーとの時間調整にも苦労しますし、自分たちもトイレに行く時間でさえ間々ならない時もあり、女性陣はかなり大変な筈です。 

思い返せば、モトックスさんとの仕事の始まりは1997年末からですので、今年で17年目になりますか・・・。ホントに長いお付き合いで感謝をしております。 そして、今でも19軒のワイナリーを扱ってもらっておりますので、当然、扱いワインの数も物凄く多いので、今回も全てのワインを試飲している時間が有りません。。。 まぁ、毎年、時間との戦いで、マジにキツイっす!!  それでは2日目に訪問したワイナリーを書いておきます。

1. サンドロファイ
2. グルフィ
3. サンタアントニオ
4. ディレナルド
5. テレザライツ
6. カンティーナディボルザーノ
7. ヴィエディロマンス
8. バルビノット
9. テッレデルコルノ
10. モンキエロカルボーネ
11. ピエロマンチーニ
12. ジェルマノエットレ
13. グアルドデルレ
14. テヌータディギッザーノ
15. ドゥエマニ
16. テヌータディヴァルジャーノ
17. ポッジョピアノ
18. レコルティ
19. マッキオレ

このように、ほぼイタリア各州に渡っておりますし、それだけ愛されているワインが多いかと思うと、在り来たりの言い方になりますが「ワインの仕事をしていて良かった!」です。   それでは各ワイナリーの所感ですが、やっぱり20軒は長すぎるので、この場では10軒にしておきます。 

1.毎年、ファイからのスタートとなるのですが、朝一番の訪問で体調も舌の状態も良いので、味わうワインの本質を見ることが出来ます(大体5軒目くらいまでは、味がしっかりと分かります…苦笑)。 今年は2011年ヴィンテージのクリュですが、11年はヴァルテッリーナも暑かった日が多かったそうで、果実味が凝縮をしたフルーティなワインに仕上がっています。 今回の試飲で個人的に良かったものは、ラ・ファイア2011年とスフォルツァート2010年でした。もちろん、クリュの3種類は美味しいのですが、それ以上に印象的だったのはスフォルツァートの香りの素晴らしさです。エレガントで繊細な味わいです! これはぜひ試してほしいですね。
7 Apr 2014-1

2.グルフィはヴィニタリーで試飲するワインが、赤はほぼバレルサンプルですからポテンシャルを図るための時間です。クリュの4種は2009年、どれも良かったのですが、現状で選ぶならバローニとサンロレでした。しかし、それ以上に素晴らしかったのは、エトナロッソ「レセカ2008」です。これ、マジで凄いです。私はエトナのワイナリーは3軒も仕事をしているのですが、このレセカ2008年は抜きに出て美味しいです!  次に白ワインですが、ヴァルカンツィリア2013年、美味しいです!カリカンティ2011年、何時もよりBIO感が少なく(笑)良かったです。 今年リリースされる白は、早くから飲んでも良いかと思いますが、レセカ2008年だけは覚えておいてください。
7 Apr 2-14-2

3.サンタアントニオの充実振りは例年通りです。やっぱり、ベースのソアベ・フォンタナ、ヴァルポリチェッラ・ナンフレ、美味しいです。 バンディーナ2009年、アマローネ・セレチオーネ2011年、かなりイケています! ここは本当にコストパフォーマンス、凄いですよね。
7 Apr 2014-3

4.レナルドはトー2013年とロンコノレ2012年が美味しかったです。この2種は低価格帯のフリウリワインとしては、かなり上位にランクできると思います。また、今年新しくピノグリージョ・ゴシップと言うワインが輸入されます。ピノグリの定温マセレーション、楽しみにしてくださいね!!
7 Apr 2014-4

5.テレザライツは何と言ってもマルスーレ・ピノグリージョです。このワイン、私が初めて日本へと販売したワインの1つで、17年間、販売が続いている低価格帯としては珍しいワイン、それだけ愛されている事でしょう!

6.ボルザーノでは約45分の滞在で、何と19種類のワインを試飲しました…! 醸造家のステファン、いつも開けすぎます。。。 初日の良いワインで白を出しましたから、赤に目を向けると、フックアンバッハ2013年、ピノネロリセルバ2012年、ラグラインベース2013年、リセルバ・タベル2012年、かなり良かったです。クリュのリリースは今年の秋ですので、それまで待っていてくださいね。
7 Apr 2014-57 Apr 2014-7

7.ヴィエディロマンスですが、ここで全てのワインを試飲すると半日が潰れてしまうので7種の試飲に留めておきました(笑)。すでにリアルワインガイド45号にて全ワインの試飲レポートを上げましたので、そちらを読んでもらう事としますが、今年リリースされる2012年(ドゥットウンは2011年、マウルスは2009年)は、素晴らしいワインが沢山あります。  はっきり言って、どれを飲んでも美味しいです! あと、今回のヴィニタリーは、オールドヴィンテージを持って来ていて、私たちもシャルドネロマンスの96年、ピエーレの91年、を試飲させてもらいました。いあぁ、GFGのオールド・・・凄いですよ!
7 Apr 2014-6

8.から10.は同じスタンドですので、一緒に試飲をするのですが、8.のバルビノットはアルトリヴェッロが扱っているマンザーネのDOCラインです。だから美味しいに決まってます!DOCレンジでもトレヴィゾのサブゾーンが入り、このカテゴリーでは最良のプロセッコの1つです。 テッレデルコルノはリアルワインの旨安特集で大賞を獲得したオーロもあり、ここのワインの充実はかなり凄いです。今年リリースされるテッレデルコルノ・リセルバ2010年、美味しいです。 そして、モンキエロですが、モトックスではベースのアルネイス・レチットとベースのバルベーラ・ペリーザの扱いが有り、レチット2013年、ひじょうにキレイでクリュのチェク並みの充実度です。ペリーザも安定をしていて、やっと安心をしてお勧めできます(苦笑)。

と言う事で、10軒分の感想を書きましたが、この時点ではまだそれ程、赤ワインの数が有りませんでしたから、舌の状態も大丈夫でした。これからピエモンテ・トスカーナと入る訳ですが、後半戦は本当に辛いです。。。 



スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。