スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ヴィニタリー2日目 パート2

それでは前回の続きで、2日目後半のワイナリー9軒についての感想です。  

11. ピエロマンチーニ
12. ジェルマノエットレ
13. グアルドデルレ
14. テヌータディギッザーノ
15. ドゥエマニ
16. テヌータディヴァルジャーノ
17. ポッジョピアノ
18. レコルティ
19. マッキオレ

11.のピエロ・マンチーニ、サルディニアの北部・ガッルーラの名門ワイナリーと言えるでしょうか。 所有する畑も大きく、コストパフォーマンスに秀でる美味しいヴェルメンティーノを作っています。13年ヴィンテージでも安定した味わい、このワイン、魚介料理には最高です!

12.ジェルマノエットレ、ここはワインの種類が多いのですが、時間の都合でモトックス扱いのワインのみの試飲となりました。白のブレンドワイン・ビネル2012年、バローロベースとクリュのチェレッタ、ともに2010年ですが、ワインのレベルは非常に高いです。10年は雨が多く、タンニンの熟成が今一つと言われるヴィンテージですが、セルジオはバランスよくワインを仕上げています。 凝縮度はそれほど強く有りませんが、その分、飲み頃が早く来る感じです。 このはリースリングのヘルツと言うワインが素晴らしいのですが、生産本数も限られており、なかなか輸入まで運ぶことが出来ません。 いつかは日本市場へと紹介したいワインですが。。。
8 Apr 2014-1

13.グアルドデルレ、モトックスではベースとして考えられる2種の扱いが有ります。ヴェルメンティーノのヴァレンティーナ、赤はエリゼオロッソ。13年のヴァレは凝縮度が高、スヴェレートらしい果実味が有ります。また、ロッソ12年、素晴らしいワインです。

14.ギッザーノは11年ヴィンテージの両クリュ(ヴェネローゾとナンブロ)の出来が素晴らしいです。基本的にこの蔵は、パワフルなワインを造りますので、ヴィニタリーでの判断が難しいワイナリーの1つなのですが、2011年のこのワイン、かなりイケていました! 6000円前後のトスカーナワイン(クリュレベル)では、最良のワインの1つだと思います。
8 Apr 2014-2

15.ドゥエマニですが、ワインのスタイルが明らかに凝縮度よりも線が少し細い繊細なワインを目指している感じを受けました。11年、12年と生産量が少なく、より葡萄の選別を厳しくして、その中からエレガントなワインを造ろうとしていると思われます。特に良かったのはアルトロヴィノ12年でした。ひじょうにバランスが良く、綺麗なワインです。また、シラーから作るロゼワイン、面白いです!
8 Apr 2014-38 Apr 2014-4

16.ヴァルジャーノですが、パリストルティとテヌータの2011年はかなり良い出来栄えです! ギッザーノでも感じた通り、11年ヴィンテージの赤は美味しいものが多いです。
8 Apr 2014-5

17.ポッジョピアノ、ここでもキャンティクラシコの11年の出来栄えが秀逸です。また、セーラとトラディツォーネは10年ヴィンテージですが、11年に近いくらい良い作りです。今一度、日本市場で注目度が上がってほしいワイナリーの最有力候補と思っているのですが。。。 ワインは本当に美味しいですよ!
8 Apr 2014-6

18.コルティで良かったものは、クリュのドントマーゾの09年とマルシリアーナ08年です。 少し落ち着いた感じが出ていて、今でも十分に美味しさが分かるレベルです。ドントマーゾは10年ヴィンテージから、グランセレチオーネになるそうで、さらに期待が持てると思います。
8 Apr 2014-78 Apr 2014-8

19.マッキオレは時間の都合で表敬訪問となってしまいました、仕方ありません。。。 ワインの試飲が出来ずに残念でしたが、もう日本市場では新しいヴィンテージの販売は始まっていると思います。 

なかなか後半戦はハードでした! 若い赤ワイン・・・キツイっすよ~。。。  と言う事で、まだまだ続きます!
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。