スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ねんじり亭  魚津

いやぁ、また月一の更新になってしまいました。申し訳ありません。。。 9月に帰国したのち、博多―広島、大阪-和歌山、と出張が有ったのでアップするべきイベントは数々でした。 そして、今月は軽井沢―新潟―富山、と周って来ましたので、初めて訪問した町の素晴らしいお店をアップしておきます。 久々に感銘を受けた料理です! 場所は富山県の魚津ですが、私は「うおつ」かと思っていたら「うおづ」だそうで…(^O^)  みなさん、知ってました?

今回の出張前に魚津で美味しいお店の質問をしたところ、複数名から「ねんじり亭」が良いと聞きまして、友人に予約をしてもらっての訪問です。富山と言えばやはり魚介ですよね、その期待通りの料理に久々に「フルコース」してしまった訳です。当然、ワインは無しの日本酒オンリー、これも久々でした…!  ご主人にお任せで、全部で8皿ほど供されたでしょうか、また、グラスの日本酒も8杯ほど飲んだと思います。 銘柄は富山の銘酒・満寿泉、種類も多く、かなりの杯数を飲んだのですが、それほど酔いませんでした(笑)。 たぶん、私の身体にフィットしたのだと思います!

こちらが供された料理の画像の一部です、全て当然の”美味”でした。
Uozu-1.jpg

Uozu-2.jpg

Uozu-3.jpg

食べた料理の中で、私が最も驚いたのは画像始めの汁物です。鱈汁(たらじる)と言われましたが、これほど濃厚な味わいのお椀を飲んだ記憶は有りません。イタリア料理で考えられる、上質な鶏を使ったブロードのようです。これを白身魚のアラと骨だけを使って取っているそうです。これだけを味わうために、ねんじり亭を訪問しても満足出来るはずです(この汁だけ出すわけでは有りませんから)。

2つ目の画像は毛蟹です。富山で水揚げされた蟹だそうで、素晴らしい味でした。3つ目は蕪鮨で具はブリです。聞くところによると、京都で使われる蕪の多くは、実は富山から出されている、との事。目から鱗です。。。。 このほかに5皿は食べたと思いますが、最後の〆に出されたご飯ものがこちら。。。 驚くなかれ「カレー」でした。
Uozu-4.jpg

私は海鮮丼のようなものを考えていましたが、カレーとは・・・(^O^) またこのカレーの美味しいこと。。。 具は殆ど崩れていましたが、全て魚介との事。辛めに仕上げられていて、これも私好みでした!  たまには全てをお任せして、イタリアとは全く別な食の世界を堪能することも素晴らしいです!  

皆様も魚津に泊まられる際の第一候補としてご記憶ください。また、富山からも電車で20分ですし、ひじょうにレベルの高い鮨屋も目白押しだそうです。



スポンサーサイト

Tag:リストランテ  Trackback:0 comment:1 

Comment

 |管理人のみ閲覧できます
# 2014.10.17 Fri05:42
このコメントは管理人のみ閲覧できます
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。