スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

テルチッチ 新ヴィンテージ所感

前回のヴィエディロマンスに引き続き、ジャンフランコの愛弟子・マティアス=テルチッチのワインです。  ご存知の方は少ないと思いますが、テルチッチはコッリオの生産者で規模は小さく(各ワインの平均生産本数は3000-5000本の間…(@_@))、丁寧なワイン造り、そして、ジャンフランコにインスパイアされた、ヴィエディロマンス哲学をコッリオのテロワールで実現を目指している、ひじょうに素晴らしい生産者でもあります。  

テルチッチのワインも、ヴィエディロマンス同様、他のワイナリーよりも出荷が1年遅く、今年は2013年のワインをリリースします。よって、少し落ち着いたワインとして出荷されています。これって、消費者にとっては本当に嬉しくて重要な事ですよね!(^^)!
Matiaz Tercic
コッリオの天使・マティアス

造っている白ワインは、ブレンドのヴィノデッリオルティ(マルバジア・フリウラーノ)、リボッラジャッラ、シャルドネ、ピノグリージョ、フリウラーノ、ソービニョン。 そして、クリュラインが3種類有って、ダル(ピノグリージョ)、シェメン(ソービニョン)、プランタ(シャルドネ)、です。 赤ワインはメルロ100%で、ベースのメルロとクリュのセメで、セメは優良な収穫年にしかリリースしない、素晴らしいメルロです。 この蔵のメルロは、ジャンフランコでさえ羨むほどの味わいを持っています!
Gen 8 2015-1
素晴らしかったオルティ12年とラベル違い13年

Gen 8 2015-2
全ラベルがマイナーチェンジしました!

Gen 8 2015-3
リリースされるクリュライン(13年はシェメンが有りません)

2013年のワインですが、ヴィエディロマンス同様に白ブドウに対しては収穫が素晴らしかったので、どのワインも厚みがあって複雑です。コッリオは良い出来の年は、ワインのポテンシャルが高く、平地のイソンゾ(ヴィエディロマンスの有るエリア)、よりもずっと硬質なミネラル主体のワインとなります。また、果実味と酸味のレベルも上がるので、少し熟成が必要となります。

今回、特に素晴らしかったワイン、実は1年熟成されたオルティの2012年でした。これ、まだ日本に未輸入でして、今年の夏あたりに輸入されると思いますが、それはもう凄いです! オルティは私の中では、上質なシャブリをいつも思い起こさせるワインなのですが、いつも以上の状態になっています!(^^)!  そして、ピノグリージョ13年、これはヴィエディロマンスでもピノグリが良かったので、13年のヴァラエタルで最初に飲み頃が来るのは、この品種だと思います。  また、ついにリリースされるメルロのクリュ・セメ! 11年ヴィンテージですが、これもエレガントの極みがあり、マジで美味しいです(セミは03・08、以来の久々リリース)。 このワイン、多少値が張っても、買う価値が絶対有ります!  コッリオの天使・マティアス、彼の心の籠った優しいワインをぜひ味わって欲しいです!!
スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。