スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Vinitaly 2015

明日、日本へ出発しますが、その前に1つくらいはブログアップをしなければと思い(汗)、色々と考えましたがヴィニタリーで試飲をして、ひじょうに良かったワインの画像をアップしておきます。 今年もかなりのワインを試飲しましたが、その中でも記憶に残るとなると10種類にも満たないでしょうか・・・。 基本、自分で扱っているワインですから、ワインの内容は十分に知っておりますし、それを踏まえて予想を上回る美味しさとの出会いには感動さえ覚えてしまいます。 これだから、ワインの仕事は辞められない、と言う事でしょうけど!!

余談ですが、今年のヴィニタリーは3月20日から23日の開催となり、ひじょうに早いタイミングです。新ヴィンテージのワイン、白は瓶詰めをしたばかり、赤は殆どがサンプルでした。。。 また、前週にはドイツでプロヴァインが開催され、両イベントに参加するワイナリー(かなり多いと思いますが)の方達は本当に大変だったと思います。

それでは白ワインですが、この2つを選びました。 
2015 Vinitaly bianco-2
2015 Vinitaly bianco-1

2014年ヴィンテージの白ですが、結果から言いますと「思った以上に美味しい物が多かった」です! ヴィンテージ的にはひじょうに難しい年でしたから、果実味が欠けた酸が際立った物が多いと予想しましたが、そんなことは全くの取り越し苦労で、果実と酸のバランスが良い、また、熟成の可能性さえ感じさせるワインでした。 日本の皆様も14年ヴィンテージの白、十分に期待をしてもらって良いと思います。 その代表はフェッロチントのポッリーノビアンコです。もちろん、アルトアディジェやフリウリも大丈夫です! また、画像のボルザーノからリリースされるシャルドネ・リセルバ2012年、これはもう素晴らしいの一言! 果実味と酸のボリュームが大きく、余韻が非常に長いです。 私のイメージでは、モンラッシュ系の上級キュベです(すいません、例えがフランスで…😅)。 まだリリース時期が正式には決まったおりませんが、輸入された暁にはぜひ探してみてください。

次に赤ワインですがこの3種類です。 
2015 Vinitaly rosso-1
2015 Vinitaly rosso-2
2015 Vinitaly rosso-3

ピエモンテ州ペッケニーノ・バローロ レ・コステ リセルバ2008年、リグーリア州マッシモ・アレッサンドリ リグスティコ2012年、ロンバルディア州サンドロファイ ロッソディヴァルテッリーナ2013年です。 私はネッビオーロはそれほど・・・な口ですが、これは凄いです! すでに7年の熟成を経ていますが、リリースは来年、かなり綺麗にバランスが取れていて、その上で熟成のポテンシャルを感じさせます。バローロでこれだけ感激したのは、クレリコのジネストラ96年以来であります😊

リグスティコは南仏の葡萄品種を使っていますが、それはそれは美味しいです!グランヴァンの香りと味わいが有りますから、日本での販売価格は多少高めですが、見つけたら私を信じてぜひ買ってください。ご記憶のほど、宜しくお願いします。

最後のファイのロッソは日本には輸入されないでしょう…。蔵の一番ベースのキュベなのですが、ひじょうにチャーミングで誰が飲んでも美味しいというワインです。イタリアでもヴァルテッリーナに行かないと飲めないでしょうね。。。 簡単にイメージを言いますと、かなり上質なピノネロです!

最近、ワインとの「一期一会」を強く感じるようになってきました。ワインは同一銘柄の、同一ヴィンテージでも、飲むコンディションによって全く違う味わいを感じるからです。 自分が歳を経たからかも知れませんが、それにしても・・・です。 まぁ、これは人との出会いも同じような事かもしれませんが、これからはよりワインと接する機会を大切に考えて行くようにするつもりです。

さて、昨今の飛行機事故の多さに辟易としていますが、無事に戻れるように今から天にお願いです・・・😊

スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。