スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ある日の食卓

sardinsaor.jpg


先日の鰯のパスタを作った時に、残り半分の鰯で作ったイタリア風南蛮漬・サルディンサオールです。鰯のサイズも適当、揚げもかなり上手く出来たので美味しく頂けました。一緒にマリネするトロペア産の赤紫のタマネギが美味!トマトのオーブン焼き、ぺぺローネのマリネとともに、健康的な食事です(笑)。

合わせたワインはサンタマッダレーナのピノビアンコ・デッラーゴ08です。このワイン、アルトアディジェ産のピノビアンコでは最高峰の1本だと思います。デッラーゴと言う単一畑からのクリュワイン、素晴らしい酸味とともに凝縮した果実味が感じられます。普通、ピノビアンコは酸の主張が大きくて、これほどバランスが良い果実味を感じることは稀であります。私の中では最高の白の一つです。そのワインが諸事情により、日本へは輸入されていないことが、ひじょうに残念でなりません…。



Dellago 2008
スポンサーサイト

Tag:料理  Trackback:0 comment:4 

Comment

kaoritaly URL
#- 2009.08.29 Sat01:26
わ~!!

鮮やかで、とっても美味しそうです。
食べ過ぎて、飲みすぎちゃいそうですね!

ピノ・ビアンコ、日本に入ってなくって残念。アルト・アディジェのピノ・ビアンコは果実味がしっかりとあって、美味しいので飲んでみたいです。

いつか、飲める日が来るといいですねぇ~・・。

saluvi2002 URL|
#- 2009.08.29 Sat03:05
 こんなのがあるんですね。飲みたいです!
アマ URL
#wZeLSEnQ Edit  2009.08.29 Sat10:44
ミュラーといい、ピノ・ビアンコといい、残念でなりません。
日本に入ってくるまではグリエスのピノ・ビアンコを楽しみます!
Dis Cumieris URL|
#- 2009.08.29 Sat13:48
Kaoritalyさん:

料理の画像ですが、妻の強い希望(笑)で、これあからアップの頻度が
上がると思います。ただし、日本では殆ど自宅で食事ができませんので、
イタリア滞在時に限ってですが…。

デッラーゴ…、テルラーノのピノビアンコよりも果実味が強く(これは場所的なことで)、
その上に高めの酸が乗っているので飲み応え十分です。知らぬ間に半分くらいは
無くなっている危険なワインです。

Saluviさん:

近い将来、どこぞでご馳走したく思いますので楽しみにお待ちください。


アマさん:

グリエスも美味しいですが、トルクラムの方も少し高いのですが宜しくお願いします(苦笑)。
札幌でも十分に入手可能だと思います。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。