スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

最近飲んだワイン

最近、抜栓したワインでアップをしていないものが4本です。イタリアにいると自宅で食事をしますので、ワインを抜栓する機会は日本よりもずっと多いです。私たちは抜栓したワインを1本を飲みきるまでに、3日から5日、長ければ1週間はかけます。よって、冷蔵庫の中は抜栓したワインが常時3本-5本くらいは入っています。

1.プロゼオNV (レ・マンザーネ)
我が家の定番プロセッコのロゼヴァージョン(プロセッコにメルロを少量ブレンド)です。食前酒として最適、ベランダに出て夕陽を眺めながら飲むプロゼオは最高であります!これは2人で半分は軽くあいてしまいます。


Prozeo.jpg

2.サンタマッダレーナクラシコ フックアンバッハ 06 (サンタマッダレーナ)
年間を通して私が最も飲む頻度の高い、冷やして美味しい赤ワイン。私は白ワインと同じくらいに冷やして飲みますので、この季節には最高の赤ワインです。フックアンバッハという単一畑からのクリュワイン。サンタマッダレーナとしては果実味が強く、もう少し軽くても良いくらいです。たいていの前菜をカバーします。06年なので少しだけ熟成感を感じますが、優良なヴィンテージのためにタンニンも強く残っています。まだ2年ほどは先がありそうです。


Huck an Bach 06


3.A.A シャルドネ サルト 02 (エステノイエ)
アルトアディジェ産のシャルドネでは、私が最も好きな1本です。樽熟を10%ほどしているので、若い時に飲むと結構な逞しさを感じます。が、これはすでに7年の熟成を経ているのでほぼパーフェクトにまとまってました。この夏に飲んだもので最高の1本です。バランス感が素晴らしく、ワインの醍醐味を感じさせます。文句の付け所がまったくありませんでした。あと1本ありますので、来年の夏に開ける予定です。イタリアに来られる方がいましたらご馳走します…(笑)。



Salt 02

4.ヴァルカンツィリア 04 (グルフィ)
カンティーナを整頓していたら、グルフィの少し古いヴィンテージを見つけました(笑)!他にもカリカンティ03、ブファレッフィ00、マッカリ00、などなど…。5年の熟成を経ても、酸の強さは変わっていませんが、果実味が少し落ち着いて、香りが結構複雑になってました。バランス的にはもう少し熟成をさせたい感じですが、飲み応えのあるワインです。全体的には少しビオな(昔から作りは変わってませんし、今は認定有機を取っていますので当然ですが)イメージになっています。これに合わせた料理はカレーでしたが、カレーの辛さに果実味が、なかなかのマッチングでした。まだ数本ありますので、来年また開けてみます。



Valcanziria 04


スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。