スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

25年目の収穫記念

7月23日にイタリアに到着してから、ほぼ2ヶ月間をイタリアで過ごしました。これだけ長く滞在するのも久しぶりだと思います。明日の朝、日本へ向けて帰国(ピサ‐ミュンヘン‐成田)しますが、その前にこれだけはアップしておきたいので、少々長くなりますがお付き合いください。

私がエージェントを務めるキャンティクラシコのワイナリー・サンファビアーノカルチナイアの現オーナーであるグイド=セリオ氏が、ワイナリーを購入してから今年で25年目の収穫を迎えます。それを記念してカステッリーナ・イン・キャンティのワイナリーで、80名以上が呼ばれた盛大なイベントが開催されました。

私もカルチナイアと仕事を始めて10年以上が経過しますが、光栄にもご招待を受けましたので、日本への帰国を1日延ばしてワイナリー訪問をしてきました。同じように招待を受けたモンキエロカルボーネのフランチェスコ、サンジェルバジオのルカも同席です。


20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 001


先週の半ばから、イタリアではいきなり天候が崩れ始め、今日もあいにくの雨模様。よって、パーティは地下にあるバリカイア(熟成用バリックが置かれている場所)での開催です。まぁ、その方が雰囲気があって良かったかも知れません。

セリオ氏はこのようなイベントで、単純なパーティなどは開きません。今回はカルチナイアの収穫25周年に合わせて、ミシュランガイドで25年前に初めて星を付けたリストランテからオーナーシェフを呼んで料理を作ってもらっています。その伝統あるリストランテは次の3つです。

・イル パルマ(アラッシオ・リグーリア州)
・ラ モラ(ポンテ ア モリアーノ・トスカーナ州)
・パオロ テヴェリーニ(バニョ ディ ロマーニャ・エミリアロマーニャ州)

各シェフが前菜・パスタ・メイン、に分かれての競作です。それぞれの料理には、サンファビアーノのワインが付いています。料理とワインとのマリアージュも考えられています。

前菜はイルパルマのマッシモ=ヴィリエッティ氏が作り、チェルビーロビアンコ07が出されました。このヴィンテージ、97年以来の素晴らしいワインです。


20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 008

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 011

パスタはラモラのルカ=シッキ氏が作り、キャンティクラシコ07年が出されました。ひじょうにバランスの良いワイン、今飲んでも十分に美味しさを感じます。

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 013

メインはパオロテヴェリーニ氏本人が作り、カベルネソービニョン07年が出されました。このカベルネ、ムチャクチャに美味しかった!イタリアワインが好きな方ならば記憶にあると思いますが、カステッロ・ディ・ランポッラのヴィニャダルチェオ、伝説の96年を彷彿とさせる果実味と酸味があります。トスカーナ内部のカベルネベースで、これだけ感動するのも久々です!凄いワインが出来ましたねぇ…。

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 016


最後のドルチェですが、セリオ氏がワイナリーの近くに所有するオステリア・トリョーネのシェフ・ジャコモ=ファンティーニ氏が作り、ヴィンサント00年が出されました。

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 017

また、別テーブルでは特別にキャンティクラシコリセルバ・チェッロレとチェルビオーロロッソの垂直試飲も出来る、涙物の素晴らしい企画です。M先生、御免なさい(笑)。

チェッロレは95・97MG・99MG・01MG・06の5種、チェルビオーロロッソは97MG・99MG・00MG・03・06の5種です。もちろん、全種類試飲をしましたが、特に印象に残っているのはチェッロレ97です。まだまだ若々しいのですが、バランスがまとまってきており、素晴らしい熟成をしています。MGの素晴らしさも有ったでしょうか。また、チェルビオーロ97も同じ感じですが、こちらは香りが複雑です。97ヴィンテージは、今まさに飲み頃を迎えた感があります。日本ではどこかに在庫が有るのでしょうか・・・。

ちなみにチェッロレの画像、一番右は今は使っていない古いラベルです。私もこのラベルのワインは数えるほどしか飲んでいませんが、今日はこの95年が飲み放題でした…(涙)。14年を経てもまだ十分な果実味と酸味があり、まだ古酒とは言えません。


20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 020

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 021


最後にセリオ氏の個人所有ワインを納めているカンティーナです。今年の春、ワイナリーを訪問した際、「この前飲んで美味しかったから」と言って、ラトゥールの87年をくれました・・・。お宝が一杯です!

20 Sep 2009 San Fabiano 25 anni 007

さて、明日のフライトで帰国です。久々の日本になりますが、民主党政権になってからどのような変化があるのか、色々と楽しみです!

スポンサーサイト

Tag:ワイン  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Dis Cumieris

Author:Dis Cumieris

FC2カウンター
くろックCute BC01
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。